表示: Delphi C++
表示設定

Data.Win.ADODB.TADOQuery.SQL

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property SQL: TStrings read GetSQL write SetSQL;

C++

__property System::Classes::TStrings* SQL = {read=GetSQL, write=SetSQL};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB TADOQuery


説明

ADO クエリのために実行される、SQL 文のテキストを保持します。

SQL を使用すると、ExecSQL または Open メソッドが呼び出された際に、ADO クエリ コンポーネントが実行する SQL 文を提供することができます。

SQL プロパティに渡される SQL 文には、標準 ADO 構文規約に従った置換可能なパラメータを、格納することができます。 パラメータは、Parameters プロパティで作成および格納されます。

設計時では、SQL 文は、オブジェクト インスペクタにおいてプロパティの参照ボタン(...)をクリックすることにより起動する、文字列リスト エディタを使用して編集します。 実行時には、文字列リスト オブジェクトのプロパティやメソッドを使用して、現在のコンテンツのクリア、新しいコンテンツの追加、既存のコンテンツの変更などを行います。

 
 with ADOQuery1 do begin
 with SQL do begin
 Clear;
 Add('SELECT EmpNo, LastName, FirstName, HireDate');
 Add('FROM Employee');
 end;
 Open;
 end;
 
 ADOQuery1->Close();
 ADOQuery1->SQL->Clear();
 ADOQuery1->SQL->Add("SELECT EmpNo, LastName, FirstName, HireDate");
 ADOQuery1->SQL->Add("FROM Employee");
 ADOQuery1->Open();
メモ: ライブラリは、TADOQuery コンポーネントを介してデータベースに送られた SQL を評価しません。 使用される SQL は、ADO を介してアクセスする特定のデータベースのタイプに対して、有効なものでなければなりません。 アプリケーションに返されるエラー メッセージは、ADO またはデータベースのレベルから発信されており、それらシステムに特有のエラー コードまたはメッセージが含まれています。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance