表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Data.DB.TDataSetSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTCustomClientDataSet

Delphi

TCustomClientDataSet = class(TDataSet, IDataSetCommandSupport)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TCustomClientDataSet : public Data::Db::TDataSet

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient Datasnap.DBClient


説明

TCustomClientDataSet は、データをメモリにキャッシュするデータセットの基底クラスです。

TCustomClientDataSet は、メモリ内データセットを表しており、そのデータは、転送可能なデータ パケットとして格納されています。Windows では Midas.dll または Midaslib.dcu に、Linux では midas.so に依存し、データベース管理操作(レコード間の移動、変更ログへのレコード登録、レコードのフィルタリング、など)に対する基本的なサポートを提供します。

クライアント データセットがそのデータを取得し、更新を適用するには、2 つの基本的な方法があります:

  • ファイルベースのデータセットとして動作し、ディスク上の専用ファイルへの読み書きを行う。
  • 別のデータセットからレコードを取得し、そのデータセットまたはデータベース サーバーへ、更新を送信する。別のデータセットで作業する場合、クライアント データセットは、データセット プロバイダを使用して、そのソース データセットと通信します。TCustomClientDataSet の下位クラスにより、プロバイダおよびソース データセットは、クライアント データセットの外部に配置することも、内部の所有オブジェクトにすることも可能です。

クライアント データセットは、主に更新のキャッシュか、多階層データベース アプリケーションのクライアント側のデータセットを表すために、使用されます。

TCustomClientDataSet のインスタンスは、直接作成しないでください。 TCustomClientDataSet は、メモリに、データ パケットとしてデータを格納するデータセットの、基底クラスとしてのみ使用されることを想定しています。データベース アプリケーションにこの機能を追加するには、TClientDataSet、TBDEClientDataSet、TSQLClientDataSet など、TCustomClientDataSet の下位クラスを使用します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance