表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TClientDataSet

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSetData.DB.TDataSetSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTClientDataSet

Delphi

TClientDataSet = class(TCustomClientDataSet)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TClientDataSet : public TCustomClientDataSet

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient Datasnap.DBClient


説明

TClientDataSet は、データベースに依存しないデータセットを実装します。


TClientDataSet は、メモリ内データ セットを表します。 クライアント データセットは、次のように使用できます。

  • 単層データベース アプリケーション用の、すべての機能を使用できるスタンドアロンのファイルベース データセットとして。 この場合、クライアント データセットは、ユーザーのハード ディスク上の専用ファイルに格納されているデータを表します。
  • 別のデータセットにあるレコードの、ローカルのメモリ内バッファとして。 この別の(ソース)データセットは、クライアント データセットと同じフォームまたはデータ モジュール内に置くことができます(たとえば、クライアント データセットによって、単方向データセットのデータのナビゲーションや編集をサポートする場合など)。 クライアント データセットが多層データベース アプリケーションのクライアント部分を担っている場合は、ソース データセットを別のシステムに置くこともできます。
メモ: 上記の 2 つの機能は、相互に排他的ではありません。 アプリケーションは、"ブリーフケース" モデルを使用して、オフラインでデータを処理するオプションをサポートするように設計できます。 オフィスでは、アプリケーションは、TClientDataSet を使用して、ソース データセットに関連付けられているデータベース サーバーと通信します。 ユーザーが出先で作業する場合、クライアント データセットは、データのスナップショットをハード ディスクに書き込みます。 出先では、アプリケーションはこのスナップショットを使用して処理を行い、クライアント データセットは単層アプリケーションのファイルベースのデータセットの役割を果たします。
メモ: RAD Studio の現在のバージョンで TClientDataSet を使用する場合、MidasLib を uses 句に追加しておけば、Midas.dll をアプリケーションと一緒に配置する必要はありません。 さらなる情報については、多層データベース アプリケーションを理解する を参照してください。

クライアント データセットが、別のデータセットのデータを表す場合は、データセット プロバイダを介してそのデータセットと通信します。 クライアント データセットは、IAppServer インターフェイスを介してプロバイダと通信します。 プロバイダがクライアント データセットと同じ形式またはデータ モジュール内にある場合、IAppServer インターフェイスは、作成される隠しオブジェクトによって実装されます。 多層アプリケーションの一部としてクライアント アプリケーションで使用される場合、クライアント データセットは、リモート データ モジュールの IAppServer インターフェイスを介して、すべての呼び出しをプロバイダに渡します。

関連項目

コード サンプル

サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance