表示: Delphi C++
表示設定

Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.BeforeGetRecords

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property BeforeGetRecords: TRemoteEvent read FBeforeGetRecords write FBeforeGetRecords;

C++

__property TRemoteEvent BeforeGetRecords = {read=FBeforeGetRecords, write=FBeforeGetRecords};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event protected
Datasnap.DBClient.pas
Datasnap.DBClient.hpp
Datasnap.DBClient TCustomClientDataSet


説明

クライアント データセットがプロバイダからデータ パケットをフェッチする後に発生します。

BeforeGetRecords イベント ハンドラを記述すると、カスタム情報をクライアント データセットのプロバイダに送信することができます。 BeforeGetRecords は、クライアント データセットとプロバイダが、データのフェッチに関する情報をやり取るするためのメカニズムの一部です。 ステートレス アプリケーション サーバーにおいてプロバイダを操作する場合、このメカニズムにより、クライアント データセットとプロバイダは、永続的な状態情報をやり取りすることが可能になります。

クライアント データセットがアプリケーション サーバからのデータをフェッチした際、次のイベントが発生します:

  1. クライアント データセットが BeforeGetRecords イベントを受信。ここでは、カスタム情報を OleVariant にエンコードすることができ、それを OwnerData パラメータとしてプロバイダに渡す。
  2. プロバイダが BeforeGetRecords イベントを受信。ここでは、データ パケットを作成する前に、その情報に応答、または変更することができる。
  3. プロバイダがデータ パケットを生成。
  4. プロバイダが AfterGetRecords イベントを受信。ここでは、カスタム情報を OwnerData パラメータへエンコード、または、BeforeGetRecords イベント ハンドラからの情報に応答することができる。
  5. クライアント データセットが AfterGetRecords イベントを受信。ここでは、プロバイダの AfterGetRecords イベント ハンドラから返されたカスタム情報に応答することができる。

BeforeGetRecords は、Datasnap.DBClient.TRemoteEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance