表示: Delphi C++
表示設定

FMX.ListView.TListView

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX.ListView.TCustomListViewFMX.ListView.TAppearanceListViewFMX.ListView.TPresentedListViewFMX.ListView.TListViewBaseFMX.ListView.TAdapterListViewFMX.Controls.TStyledControlTListView

Delphi

TListView = class(TCustomListView)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TListView : public TCustomListView

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.ListView.pas
FMX.ListView.hpp
FMX.ListView FMX.ListView


説明

さまざまな種類の項目を格納および表示するのに使用できる FireMonkey リスト ビュー コンポーネントを表します。

TListView は、LiveBindings および高速慣性スクロールのために最適化されたリスト内に、項目のコレクションを表示します。

リスト ビューの各項目には、次の表示機能が 1 つまたは複数あります。

  • キャプションまたは詳細テキスト(たとえば、TListView のバインド可能なメンバ Item.Text を使用)
  • 関連画像(たとえば、TListView のバインド可能なメンバ Item.Bitmap を使用)
  • アクセサリ アイコン(たとえば、オブジェクト インスペクタで ItemEditAppearance プロパティを使用)
  • 付加されたグラフィックまたはテキスト ボタン(たとえば、TListViewItem.ButtonText バインド可能なメンバー)

リスト項目のレイアウト(キャプション、関連画像、テキスト詳細、アクセサリ アイコンなど)を変更して、リスト ビューの概観をカスタマイズすることができます。

TListView には編集モードがあり、そこでは複数の項目を選択することができます

項目を TListView に追加するには、データソースへバインドするか、コード(TListView.Items.Add)を使用します。

以下は、TListView へ項目を追加する方法を示す、コード例です:

Delphi:

var
  LItem: TListViewItem;
  I: Integer;
begin
  for I := 1 to 10 do
  begin
    LItem := ListView1.Items.Add;
    LItem.Text := IntToStr(I); 
 end;
end;

// To achieve the best performance use BeginUpdate and EndUpdate.

var
  LItem: TListViewItem;
  I: Integer;
begin
  ListView1.BeginUpdate;
  try
    for I := 1 to 10 do
    begin
      LItem := ListView1.Items.Add;
      LItem.Text := IntToStr(I);
    end;
  finally
    ListView1.EndUpdate;
  end;
end;

C++:

for (int i = 1; i <= 10; i++) {
  TListViewItem* item = ListView1->Items->Add();
  item->Text = IntToStr(i);
}

// To achieve the best performance use BeginUpdate and EndUpdate.

ListView1->BeginUpdate();
try {
  for (int i = 1; i <= 10; i++) {
    TListViewItem* item = ListView1->Items->Add();
    item->Text = IntToStr(i);
  }
} catch (...) {
}
ListView1->EndUpdate();

関連項目

サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance