表示: Delphi C++
表示設定

FMX.ListView.TPresentedListView

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX.ListView.TListViewBaseFMX.ListView.TAdapterListViewFMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentTPresentedListView

Delphi

TPresentedListView = class(TListViewBase, IListViewPresentationParent, IListViewDesignPresentationParent)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TPresentedListView : public TListViewBase

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.ListView.pas
FMX.ListView.hpp
FMX.ListView FMX.ListView

説明



TStyledControl は、ユーザーと相互作用するためのカスタマイズ可能なコントロールの基底クラスです。

FMX.ListView.TPresentedListView は FMX.Controls.TStyledControl を継承しています。以下の内容はすべて FMX.Controls.TStyledControl を参照しています。


TStyledControl は、ユーザーと相互作用するためのカスタマイズ可能なコントロールの基底クラスです。


TStyledControl は、TControl を拡張したもので、ユーザーに対して表示される具体的なウィジェットの直接のスーパークラスとなります。

TStyledControl の下位クラスには、スタイル リソースと、FireMonkey の動的なルック アンド フィールの基礎を設定できます。TStyledControl のサブクラスは、GetStyleObject メソッドから返されたクラス名を基に、簡単な検索ルーチンを使用して、フォームの StyleBook プロパティに割り当てられた中から自身のスタイル リソースを検索します。同じスタイルで定義されたサブコンポーネントにアクセスすると、実行時に親コントロールを変更することができます。コントロールにスタイルを適用するには、StyleLookup プロパティにスタイルの名前を設定します。

FireMonkey コンポーネントのスタイルと設計についての詳細は、「FireMonkey コンポーネントのレンダリング」および「スタイルのカスタマイズ」を参照してください。

TStyledControl の下位クラスには、TPanelTLabelTCheckBoxTImageControlTCalendar などのコントロールがあります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance