表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Types.TGestureEventInfo

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

  TGestureEventInfo = record
    GestureID: TGestureID;
    Location: TPointF;
    Flags: TInteractiveGestureFlags;
    Angle: Double;
    InertiaVector: TPointF;
    Distance: Integer;
    TapLocation: TPointF;
  end;

C++

struct DECLSPEC_DRECORD TGestureEventInfo
{
public:
    TGestureID GestureID;
    System::Types::TPointF Location;
    TInteractiveGestureFlags Flags;
    double Angle;
    System::Types::TPointF InertiaVector;
    int Distance;
    System::Types::TPointF TapLocation;
};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
record
struct
public
FMX.Types.pas
FMX.Types.hpp
FMX.Types FMX.Types

説明

ジェスチャ イベントについて記述したものです。


TGestureEventInfo は、ジェスチャ イベントに関する情報を含むレコードです。TGestureEventInfo は、常にジェスチャ イベントに関連付けられます。TGestureEvent 型は、ユーザー コードに TGestureEventInfo レコードを渡します。

次の表に、TGestureEventInfo レコードを構成するフィールドを示します。

フィールド 説明

GestureID

生成されたジェスチャの ID。ID は、ジェスチャを一意に識別する整数値です。

Location

コントロール上での現在の位置。Location には、直前の既知の位置の X 座標と Y 座標が含まれます。

Flags

対話型ジェスチャの状態を示す TInteractiveGestureFlag オプションの集合。Flags は、ジェスチャが対話型である場合にのみ有効です。

Angle

指またはジェスチャ デバイスが画面座標に対して移動した角度。単位はラジアン(rad)。

Angle が設定されるのは、回転ジェスチャ(TInteractiveGesture が Rotate)の場合のみです。

  • 時計回りの回転の場合には Angle はマイナスになります。
  • 反時計回りの回転の場合には Angle はプラスになります。

Distance

Location で指定された現在の位置と、前の位置の間の距離。単位はピクセル。

Distance が設定されるのは、ズーム ジェスチャと 2 本指タップ ジェスチャ(TInteractiveGesture が Zoom または TwoFingerTap)の場合のみです。Distance は、ジェスチャを行っている 2 つの指またはジェスチャ デバイスの間の距離です。

InertiaVector

X と Y の組み合わせで指定される慣性速度。X の値がプラスの場合は、画面の右方向への慣性を表し、マイナスの場合は、左方向への慣性を表します。Y の値がプラスの場合は、画面の下方向への慣性を表し、マイナスの場合は、上方向への慣性を表します。InertiaVector は、イベントが対話型である場合にのみ有効です。

TapLocation

"タップ" および "プレス アンド タップ"(igPressAndTap)ジェスチャの座標を示します。


関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance