表示: Delphi C++
表示設定

System.ExceptObject

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function ExceptObject: TObject;

C++

extern DELPHI_PACKAGE TObject* __fastcall ExceptObject(void);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.pas
System.hpp
System System

説明

現在の例外オブジェクトを返します。

ExceptObject 関数は,現在の例外オブジェクトを返します。この例外オブジェクトは,現在処理されている例外を表します。現在処理されている例外がない場合,ExceptObject は nil(Delphi)または NULL(C++)を返します。

ExceptObject は,例外変数(Delphi ではブロック内で,C++ では catch ステートメントで宣言)にアクセスできないときに便利です。これは,例外ハンドラが手続きを呼び出すときに,例外変数をスコープからはずした場合に起こります。また,Delphi のほかの例外ハンドラでも,例外変数を宣言できないため,アクセスできません。

メモ:  ExceptObject により返されるオブジェクトは,例外ハンドラの終了後になくなってしまう場合があります。この場合,ExceptObject を使用しても,例外オブジェクトへの参照の保持や,例外の再生成ができません。いずれかの処理を実行する必要がある場合は,AcquireExceptionObject を呼び出してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance