表示: Delphi C++
表示設定

System.FSetExceptMask

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function FSetExceptMask(NewMasks: UInt32; ExceptMasks: UInt32): UInt32;

C++

extern DELPHI_PACKAGE unsigned __fastcall FSetExceptMask(unsigned NewMasks, unsigned ExceptMasks = (unsigned)(0x3f));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.pas
System.hpp
System System


説明

浮動小数点例外の各マスク フラグを設定します。

FSetExceptMaskExceptMasks パラメータで指定されたマスク フラグを設定します。

NewMasks には、以下の値の組み合わせを指定できます。

定数

femINEXACT

femUNDERFLOW

femOVERFLOW

femDIVBYZERO

femINVALID

FSetExceptMask は、ExceptMasks で指定される、ユニットの浮動小数点例外マスク フラグの前の値を返します。

Excepts は、どの例外マスクが変更され、返されるかを指定します。たとえば、ExceptMasksfemDIVBYZERO または femINVALID である場合、これらのマスクだけが NewMasks で変更され、FSetExceptMask は、femDIVBYZERO および femINVALID の前のステータスだけを返します。

メモ:
  • NewMasksExceptMasks パラメータおよび関数の戻り値は、プラットフォームごとに異なります。
  • 異なるプラットフォーム間の互換性を維持するには、SetExceptionMask および TArithmeticExceptions の使用を検討してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance