表示: Delphi C++
表示設定

System.Generics.Collections.TObjectQueue.Dequeue

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure Dequeue;

C++

HIDESBASE void __fastcall Dequeue();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Generics.Collections.pas
System.Generics.Collections.hpp
System.Generics.Collections TObjectQueue

説明

キューの先頭にあるアイテムを削除します。

Dequeue は、削除は行いますが、キューの先頭要素を返すことはありません。Count は 1 減ります。Count が既に 0 の場合、エラーが発生します。

メモ:  TObjectQueue.Dequeue が、TQueue.Dequeue とは異なるのは、プロシージャであり、キューから外した要素を返さないという点です。それ以外は、両メソッドの機能は同じです。キューの先頭の操作を行うには TQueue.Peek を使用し、先頭の処理が終わったら、TQueue.Dequeue を使用します。または、TQueue.Extract を使用して、所有権を取得します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance