表示: Delphi C++
表示設定

System.Generics.Collections.TQueue.Dequeue

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function Dequeue: T; inline;

C++

T __fastcall Dequeue();

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Generics.Collections.pas
System.Generics.Collections.hpp
System.Generics.Collections TQueue


説明

キューの先頭にあるアイテムを削除します。

Dequeue は、キューの先頭要素を削除して返します。 Count は 1 減ります。 Count が既に 0 の場合、エラーが発生します。

OnNotify イベントが発生して、キューからアイテムが削除されたことを示します。 Dequeue はまた、イベント コードが要素の抽出ではなく削除を示すことを除いて、Extract と同じです。

Dequeue の機能は、Dequeue がキューから要素を削除する点を除いて、Peek と同じです。

Dequeue はまた、イベント コードが要素の抽出ではなく削除を示すことを除いて、Extract と同じです。 Extract はより汎用的なメソッドで、すべてのコレクションに共通です(DequeueTQueue に特化しています)。 キューの先頭にあるアイテムを取得および削除するには、この 2 つ関数のいずれも使用することができます。

これは、O(1) オペレーションです。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance