表示: Delphi C++
表示設定

System.IOUtils.TDirectory.GetFileSystemEntries

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

class function GetFileSystemEntries(const Path: string): TStringDynArray;
class function GetFileSystemEntries(const Path: string;  const Predicate: TFilterPredicate): TStringDynArray;
class function GetFileSystemEntries(const Path,  SearchPattern: string): TStringDynArray; overload; static;
class function GetFileSystemEntries(const Path, SearchPattern: string;  const Predicate: TFilterPredicate): TStringDynArray; overload; static;
class function GetFileSystemEntries(const Path: string;  const SearchOption: TSearchOption; const Predicate: TFilterPredicate): TStringDynArray; overload; static;

C++

static System::DynamicArray<System::UnicodeString> __fastcall GetFileSystemEntries(const System::UnicodeString Path)/* overload */;
static System::DynamicArray<System::UnicodeString> __fastcall GetFileSystemEntries(const System::UnicodeString Path, const _di_TFilterPredicate Predicate)/* overload */;
static System::DynamicArray<System::UnicodeString> __fastcall GetFileSystemEntries(const System::UnicodeString Path, const System::UnicodeString SearchPattern)/* overload */;
static System::DynamicArray<System::UnicodeString> __fastcall GetFileSystemEntries(const System::UnicodeString Path, const System::UnicodeString SearchPattern, const _di_TFilterPredicate Predicate)/* overload */;
static System::DynamicArray<System::UnicodeString> __fastcall GetFileSystemEntries(const System::UnicodeString Path, const TSearchOption SearchOption, const _di_TFilterPredicate Predicate)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.IOUtils.pas
System.IOUtils.hpp
System.IOUtils TDirectory

説明

指定のディレクトリ内のファイルとサブディレクトリのリストを返します。

指定のディレクトリ内のファイルとサブディレクトリのリストを取得するには、GetFileSystemEntries を使用します。GetFileSystemEntries の戻り値は文字列の動的配列で、その配列の各要素にファイルまたはサブディレクトリの名前が格納されています。

GetFileSystemEntries メソッドには、以下の 3 つの形式があります。

  • 1 番目の形式は、ファイルとサブディレクトリを列挙したいディレクトリのパスのみを受理します。
  • 2 番目の形式には、サブディレクトリ名に一致する検索パターンが含まれています。

どの形式も、結果をフィルタリングするために使われる TFilterPredicate オプション パラメータを受理します。

次の表に、このメソッドのパラメータ リストを示します。



名前 意味

Path

サブディレクトリを列挙しようとするディレイクトリのパス。

SearchPattern

ディレクトリ名との一致に使用するマスク(たとえば、"*app" は "app" で終わるすべてのファイルとディレクトリに一致します)。

Predicate

望まない結果を除去するために使われるルーチン。



メモ:  指定のパスが無効であるか、またはそのディレクトリが存在しない場合、GetFileSystemEntries は例外を発生させます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance