表示: Delphi C++
表示設定

System.UIConsts.MakeColor

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function MakeColor(const C: TAlphaColor; const AOpacity: Single): TAlphaColor;
function MakeColor(R, G, B: Byte; A: Byte = $FF): TAlphaColor;

C++

extern DELPHI_PACKAGE System::Uitypes::TAlphaColor __fastcall MakeColor(const System::Uitypes::TAlphaColor C, const float AOpacity)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.UIConsts.pas
System.UIConsts.hpp
System.UIConsts System.UIConsts

説明

指定された RGBA 色空間に基づいて、アルファ色を返します。


MakeColor メソッドは、指定された RGBA 空間(RGBA の各パラメータで指定)に基づいて、アルファ色を返します。

MakeColor には、2 つのオーバーロード メソッドがあります。

MakeColor の第 1 のオーバーロード メソッドでは、アルファ値を Single 値として指定できるのに対して、第 2 のオーバーロード メソッドではアルファ値が上限に達した(完全に不透明な色)と見なします。ただし、アルファについては、依然として、$00-$FF の範囲の Byte 値を指定できます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance