表示: Delphi C++
表示設定

System.Win.ComObj.InterfaceDisconnect

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure InterfaceDisconnect(const Source: IUnknown; const IID: TIID; var Connection: Longint);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall InterfaceDisconnect(const System::_di_IInterface Source, const GUID &IID, int &Connection);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Win.ComObj.pas
System.Win.ComObj.hpp
System.Win.ComObj System.Win.ComObj

説明

以前に InterfaceConnect プロシージャによって確立された IConnectionPoint インターフェース接続を接続解除します。

クライアントアプリケーションから InterfaceDisconnect プロシージャを呼び出すと,シンクインターフェースの呼び出しを止めるようにサーバーに通知できます。InterfaceDisconnect は,以前に InterfaceConnect プロシージャによって確立された IConnectionPoint インターフェース接続を解除します。これらの手続きは,IConnectionPointContainer および IConnectionPoint インターフェースに基づく COM イベント処理メカニズムのラッパーです。

Source は,送信インターフェースを定義したり,呼び出したりするサーバーオブジェクトの IUnknown インターフェースです。

IID は,送信インターフェースの GUID です。

Connection は,InterfaceConnect プロシージャによって返された,接続を表すトークンです。

メモ:  この手続きが含まれるデモが Demos\ActiveX ディレクトリにあります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance