表示: Delphi C++
表示設定

System.Win.Registry.TRegistryIniFile.WriteFloat

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure WriteFloat(const Section, Name: string; Value: Double); override;

C++

virtual void __fastcall WriteFloat(const System::UnicodeString Section, const System::UnicodeString Name, double Value);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Win.Registry.pas
System.Win.Registry.hpp
System.Win.Registry TRegistryIniFile

説明

INI ファイルに浮動小数点値を書き込みます。

WriteFloat を呼び出すと,INI ファイルに浮動小数点値を書き込めます。Section は書き込みたいキーを含むセクションを,Ident は値を設定したいキーを,Value には書き込む浮動小数点値が入ります。

メモ:  存在しないセクションにデータ値を書き込もうとしたり,存在しないキーにデータを書き込もうとしてもエラーにはなりません。この場合,WriteFloat メソッドはセクションおよびキーを作成し,初期値を Value に設定します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance