表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Buttons.TSpeedButton.Glyph

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Glyph: TBitmap read GetGlyph write SetGlyph stored HasCustomGlyph;

C++

__property Vcl::Graphics::TBitmap* Glyph = {read=GetGlyph, write=SetGlyph, stored=HasCustomGlyph};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Buttons.pas
Vcl.Buttons.hpp
Vcl.Buttons TSpeedButton

説明

スピードボタンに表示するビットマップを指定します。

Glyph は,ボタンの表面に表示するイメージを格納するビットマップオブジェクトを設定します。オブジェクトインスペクタで[ファイルを開く]ダイアログボックスを開くと,ビットマップファイル(.BMP 拡張子が付いているファイル)を選択したり,実行時にビットマップファイルを指定したりできます。

Glyph で 1 つのビットマップに指定できるイメージは 4 つまでです。イメージはすべて同じ大きさであり,横 1 行に隣合って並びます。TSpeedButton は指定したイメージのいずれか 1 つをボタンの状態にしたがって表示します。



イメージの位置 ボタンの状態 説明

先頭

アップ

ボタンを選択していないときのイメージ。ビットマップ以外に他のイメージがない場合,それ以外のどのイメージにもこのイメージが使用される

2 番め

無効

ボタンを選択できないことを示すイメージ。淡色表示される

3 番め

クリックされている

ボタンをクリックしたときのイメージ。GroupIndex が 0 ならば,マウスボタンから指を離すと上がった状態のイメージに戻る

4 番め

ダウン

ボタンを押し下げたままのときのイメージ。選択されたままであることを示す



TSpeedButton は,イメージが 1 つだけの場合は,下がっている状態も上がっている状態と同じイメージを使用しますが,ほかの状態については応じてイメージを少し変えて,その状態になったことを表そうとします。

ビットマップに複数のイメージがある場合,NumGlyph プロパティを使ってビットマップ内のイメージの数を指定してください。

メモ:  ビットマップの左下のピクセルは「透過」色用に予約されています。ビットマップで左下に位置するピクセルはすべて透過になります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance