表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TCustomListView.Items

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Items: TListItems read FListItems write SetItems stored AreItemsStored;

C++

__property TListItems* Items = {read=FListItems, write=SetItems, stored=AreItemsStored};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TCustomListView


説明

リスト ビューに表示される項目のリストを保持します。

Items を使用すると、リスト内の項目を表す TListItem オブジェクトに直接アクセスすることができます。設計時にこのプロパティを設定すると、リスト ビュー項目エディタが表示されます。このダイアログを使用すると、項目やサブ項目の追加や削除、そしてそれらの表示プロパティを編集することができます。実行時には、各項目の Caption、ImageIndex、StateIndex プロパティを使用すると、リスト項目の外観を変更することができます。

警告: Items は、リストが仮想モードの場合に読み取り専用となります。詳細については、OwnerData を参照してください。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance