表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TListItem.ImageIndex

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ImageIndex: TImageIndex index 0 read FImageIndex write SetImage;

C++

__property System::Uitypes::TImageIndex ImageIndex = {read=FImageIndex, write=SetImage, index=0, nodefault};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls TListItem

説明

リスト項目のアイコンとしてどのイメージを表示するかを指定します。

ImageIndex プロパティを設定すると,リスト項目を,リストビューの LargeImages または SmallImages プロパティのイメージのいずれかに関連付けることができます。リストビューの ViewStyle プロパティが vsIcon ならば,ImageIndex プロパティはリストビューの LargeImages プロパティのイメージのインデックスになり,0 で 1 番めのイメージが指定されます。リストビューの ViewStyle プロパティが vsSmallIcon,vsList または vsReport ならば,ImageIndex プロパティはリストビューの SmallImages プロパティのイメージのインデックスになります。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance