表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ComCtrls.TViewStyle

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

TViewStyle = (vsIcon, vsSmallIcon, vsList, vsReport);

C++

enum DECLSPEC_DENUM TViewStyle : unsigned char { vsIcon, vsSmallIcon, vsList, vsReport };

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
enum public
Vcl.ComCtrls.pas
Vcl.ComCtrls.hpp
Vcl.ComCtrls Vcl.ComCtrls

説明

TViewStyle は,リストビューコントロールが項目をどのように表示するかを示します。

次の表に TViewStyle 型に指定できる値を示します。



意味

vsIcon

各項目を下にラベルの付いたフルサイズのアイコンとして表示する。ユーザーはリストビューウィンドウの任意の位置に項目をドラッグできる。

vsSmallIcon

各項目を右側にラベルの付いた小さいアイコンとして表示する。ユーザーは任意の位置に項目をドラッグできる。

vsList

各項目を右側にラベルの付いた小さいアイコンとして表示する。項目は列形式で並び,任意の位置にドラッグすることはできない。

vsReport

各項目に 1 行を割り当て,列形式で情報を配置する。一番左の列に小さいアイコンとラベルを表示し,それに続く列にアプリケーションで指定した下位項目を入れる。ShowColumnHeaders が false でなければ各列にはヘッダーが付く。

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance