表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Controls.TControl.BoundsRect

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property BoundsRect: TRect read GetBoundsRect write SetBoundsRect;

C++

__property System::Types::TRect BoundsRect = {read=GetBoundsRect, write=SetBoundsRect};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Controls.pas
Vcl.Controls.hpp
Vcl.Controls TControl

説明

親コントロールの座標系で表した,コントロールの外接長方形を指定します。

BoundsRect プロパティは,コントロールの四隅の位置をピクセル数で一度に取得できます。

たとえば次の文は,



R := Control.BoundsRect;



R = Control->BoundsRect;



次のように記述するのと同等です。



R.Left := Control.Left;
R.Top := Control.Top;
R.Right := Control.Left + Control.Width;
R.Bottom := Control.Top + Control.Height;



R.Left = Control->Left;
R.Top = Control->Top;
R.Right = Control->Left + Control->Width;
R.Bottom = Control->Top + Control->Height;



ピクセル座標系の原点は親ウィンドウの左上隅です。

メモ:  点は,左辺上または上辺上にあればコントロールの外接長方形の内部にあるとみなされ,右辺上または下辺上にあれば外接長方形の内部とはみなされません。つまり,点を外接長方形の内部に置くには,x 座標を BoundsRect.Left より大きいか等しいと同時に BoundsRect.Right より小さくし,y 座標を BoundsRect.Top より大きいか等しいと同時に BoundsRect.Bottom より小さくします。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance