表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Controls.TControl.ClientToScreen

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function ClientToScreen(const Point: TPoint): TPoint;

C++

System::Types::TPoint __fastcall ClientToScreen(const System::Types::TPoint &Point);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
Vcl.Controls.pas
Vcl.Controls.hpp
Vcl.Controls TControl

説明

点のクライアント領域座標をグローバルな画面座標に変換します。

ClientToScreen は,コントロールに対してローカルな座標で表されていた位置を,画面座標の対応する位置に変換できます。クライアント領域座標の(0,0)はコントロールのクライアント領域の左上隅に相当します。画面座標の(0,0)は画面の左上隅に相当します。

ClientToScreen と ScreenToClient を使用するとコントロールの座標系を別のコントロールの座標系に変換できます。次に例を示します。



P := TargetControl.ScreenToClient(SourceControl.ClientToScreen(P));



P = TargetControl->ScreenToClient(SourceControl->ClientToScreen(P));



この例では,P を SourceControl の座標から TargetControl の座標に変換します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance