表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Dialogs.TOpenDialog.Files

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Files: TStrings read GetFiles;

C++

__property System::Classes::TStrings* Files = {read=GetFiles};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
Vcl.Dialogs.pas
Vcl.Dialogs.hpp
Vcl.Dialogs TOpenDialog


説明

選択されたファイル名のリスト。

Files は、選択された各ファイル名と、そのフル ディレクトリ パスを含む、文字列リストです。(ユーザーが複数のファイル名を選択できるようにするには、Options で ofAllowMultiSelect フラグを設定します)。文字列リストのためのプロパティやメソッドを使用することにより、このファイル リストを移動し、個々の項目を読み取ることができます。

以下の例では、Files 内のファイルのリストを、TListBox コンポーネントの Items プロパティに割り当てています。



 
ListBox1.Items.Assign(OpenDialog1.Files);



 
ListBox1->Items->Assign(OpenDialog1->Files);



関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance