表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.ExtCtrls.TImage.Stretch

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property Stretch: Boolean read FStretch write SetStretch default False;

C++

__property bool Stretch = {read=FStretch, write=SetStretch, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.ExtCtrls.pas
Vcl.ExtCtrls.hpp
Vcl.ExtCtrls TImage

説明

イメージコントロールの枠に完全に入るようにイメージを変更するかどうかを示します。

Stretch プロパティに true を設定すると,イメージをイメージコントロールのサイズと同じ形状とみなすことができます。イメージコントロールをサイズ変更すると,イメージもサイズ変更されます。Stretch プロパティを使用するとイメージの高さと幅を独立して変更します。したがって,単に拡大する場合と異なり,Stretch は,イメージコントロールが画像と同じ形状でないとイメージが歪むことがあります。

歪みを生じさせずにイメージをサイズ変更するには,かわりに Proportional プロパティを使用します。

イメージをイメージコントロールに合わせてサイズを変更するのではなく,イメージに合わせてイメージコントロールのサイズを変更するには,かわりに AutoSize プロパティを使用します。

Stretch プロパティのデフォルト値は false です。

メモ:  Picture プロパティにアイコンが入っているとき,Stretch プロパティを指定しても効果はありません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance