表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Forms.TCustomForm.FormStyle

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property FormStyle: TFormStyle read FFormStyle write SetFormStyle  stored IsForm default fsNormal;

C++

__property TFormStyle FormStyle = {read=FFormStyle, write=SetFormStyle, stored=IsForm, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms TCustomForm

説明

フォームのスタイルを指定します。

FormStyle プロパティを使用すると,フォームのスタイルを取得または設定できます。FormStyle の値は,以下のうちいずれか 1 つです。



意味

fsNormal

フォームは MDI 親ウィンドウでも MDI 子ウィンドウでもない

fsMDIChild

フォームは MDI 子ウィンドウである

fsMDIForm

フォームは MDI 親ウィンドウである

fsStayOnTop

このフォームは,デスクトップの一番上,およびプロジェクトのほかのフォーム(FormStyle が fsStayOnTop に設定されているフォームを除いたほかのフォーム)の上にくる。fsStayOnTop のフォームがほかのフォームを起動する場合は,どちらか一方のフォームが一番上にくる



フォームが MDI アプリケーションのメインフォームの場合,FormStyle プロパティを fsMDIForm に設定しなければなりません。

メモ:  実行時に FormStyle の値をなるべく変更しないでください。
警告:  TGraphicControl の下位オブジェクトは,FormStyle が fsMDIForm に設定されたフォームのクライアント領域に配置されている場合には描画されません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance