表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.Graphics.TCanvas.FloodFill

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure FloodFill(X, Y: Integer; Color: TColor; FillStyle: TFillStyle); override;

C++

virtual void __fastcall FloodFill(int X, int Y, System::Uitypes::TColor Color, TFillStyle FillStyle);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
Vcl.Graphics.pas
Vcl.Graphics.hpp
Vcl.Graphics TCanvas

説明

現在のブラシを使ってキャンバス上の領域を塗りつぶします。

FloodFill を呼び出すと,イメージの四角形以外の領域を Brush の値で塗りつぶすことができます。塗りつぶす領域の境界は,座標(X, Y)から Color パラメータで指定する色境界までの範囲として定義されます。

X と X は塗りつぶしを開始するキャンバス上の座標です。

Color は塗りつぶすリージョンの境界を定義する色です。その解釈は,FillStyle の値に依存します。

FillStyle は,リージョンを Color と同じ値の全ピクセルによって定義するか,異なる値の全ポイントによって定義するかを指定します。

ヒント:  Pixels プロパティを使用すると,fsSurface の FillStyle を使用するときに,座標(X, Y)の色の正確な値を取得できます。同様に,FillStyle が fsBorder のときは,境界の座標がわかっている場合に,Pixels を使って境界色の正確な値を取得できます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance