表示: Delphi C++
表示設定

Vcl.StdCtrls.TCustomLabel.AutoSize

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property AutoSize: Boolean read FAutoSize write SetAutoSize default True;

C++

__property bool AutoSize = {read=FAutoSize, write=SetAutoSize, default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property protected
Vcl.StdCtrls.pas
Vcl.StdCtrls.hpp
Vcl.StdCtrls TCustomLabel


説明

ラベルのサイズを、テキストに合わせて、サイズ変更するかどうかを決定します。

AutoSize プロパティを使用すると、ラベルは、自動的にサイズを調整して、クライアント領域がテキストの高さは幅に合うようになります。 AutoSizeFalse の場合、ラベルのサイズは固定されます。 AutoSizeTrue になると、ラベルは、テキストが変更された際に、再調整されます。 ラベルのサイズは、Font プロパティが変更されたときも、再調整されます。

WordWrapTrue の場合、ラベルの幅は固定されます。 AutoSize もまた True の場合、テキストに変更によって、ラベルの高さが変わります。 AutoSizeTrueWordWrapFalse の場合、フォントによってラベルの高さが決まり、テキストの変更によって、ラベルの幅が変更されます。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance