FMX.ListView.Appearances.TCommonObjectAppearance のメソッド

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


継承Protected
_AddRefprotectedインターフェース化オブジェクトのインターフェースの参照カウントをインクリメントします。
_Releaseprotectedインターフェース化オブジェクトのインターフェースの参照カウントをデクリメントします。
AfterConstructionpublicOwner のインターフェースへの参照を取得します。
Assignpublicほかの類似オブジェクトの内容をコピーします。
AssignToprotectedオブジェクトのプロパティをコピー先のオブジェクトにコピーします。
BeforeDestructionpublic最初のデストラクタが実行される前に応答します。
BeginUpdatepublic更新の開始を示します。
CheckDisposedprotected
ClassInfopublic

オブジェクト型の実行時型情報(RTTI)テーブルのポインタを返します。

ClassNamepublic引数で渡される変数の型ではなくオブジェクトインスタンスの型を示す文字列を返します。
ClassNameIspublicオブジェクトが指定の型かどうかを示します。
ClassParentpublic1 つ上位のクラスの型を返します。
ClassTypepublicオブジェクトのクラスへのクラス参照を返します。
CleanupInstancepublicクラス内の長い文字列とバリアントとインターフェース変数に対する終了処理を実行します。
Createpublicこの型のオブジェクト外観のインスタンスを作成します。
CreateDefaultValuesprotected
CreateObjectpublic指定されたリスト項目に所有されるリスト項目描画可能オブジェクトのうち、外観がこのオブジェクト外観インスタンスに基づいているものを作成します。
DefaultHandlerpublicメッセージレコードを処理するメソッドのインターフェースを提供します。
DefinePropertiesprotectedパブリッシュされていないデータを,敢えて読み書きするためのインターフェースを提供します。
Destroypublic TCommonObjectAppearance のインスタンスを破壊します。
DispatchpublicMessage パラメータの内容に基づいてオブジェクトのメッセージ処理メソッドを呼び出します。
DisposeOfpublicDisposeOf は、オブジェクトのデストラクタ コードを、強制実行します。
DoChangeprotectedOnChange イベントのディスパッチャです。
DoHeightChange(非推奨)protectedOnHeightChange イベントのディスパッチャ
EndUpdatepublic前に開始された更新の終了をマークします。
Equalspublic

現在のインスタンスと Obj パラメータが等しいかどうかを調べます。

FieldAddresspublicパブリッシュオブジェクト項目のアドレスを返します。
Freepublicオブジェクトを破棄し,必要ならば関連付けられているメモリを解放します。
FreeInstancepublicNewInstance メソッドの前回の呼び出しによって割り当てられたメモリを解除します。
GetDisposedprotected
GetHashCodepublicハッシュ コードを表す整数を返します。
GetHeightprotectedオブジェクトの高さを返します。
GetInterfacepublic指定したインターフェースを取り出します。
GetInterfaceEntrypublicクラス内で実現された特定のインターフェースのエントリを返します。
GetInterfaceTablepublic指定したクラスで実装されているすべてのインターフェースが入った構造体のポインタを返します。
GetNamePathpublicオブジェクトインスペクタに表示されるオブジェクト名を返します。
GetOwnerprotectedオブジェクトの所有者を返します。
InheritsFrompublic2 つのオブジェクト型の関係を調べます。
InitDefaultValuesprotected指定された TCommonObjectAppearance のインスタンスが AIsDefaultValues パラメータを True に設定して作成されたものでなければ、例外を発生させます。
InitInstancepublic新しく割り当てられたオブジェクトインスタンスをすべて 0 に初期化し,インスタンスの仮想メソッドテーブルポインタを初期化します。
InstanceSizepublicオブジェクト型の各インスタンスのサイズをバイト数で返します。
IsActiveprotected
IsAlignStoredprotectedAlign の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsHeightStoredprotectedHeight の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsOpacityStoredprotectedOpacity の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsPlaceOffsetStoredprotectedPlaceOffset の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsVertAlignStoredprotectedVertAlign の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsVisibleStoredprotectedVisible の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
IsWidthStoredprotectedWidth の値がそのプロパティのデフォルト値でない場合、フォーム ファイルにのみ格納されていることを確認する関数です。
MethodAddresspublicクラス メソッドのアドレスを名前で返します。
MethodNamepublicアドレスを指定すると、クラス メソッドの名前を返します。
NewInstancepublicオブジェクト型のインスタンスにメモリを割り当て,その新しいインスタンスを指すポインタを返します。
operator ()publicこのオブジェクトを _di_IMovablePersistent にキャストします。
QualifiedClassNamepublic

クラスの修飾名を返します。

QueryInterfacepublic指定されたインターフェースをオブジェクトがサポートしている場合,そのインターフェースへの参照を返します。
ResetObjectpublic指定されたリスト項目に所有されているリスト項目描画可能オブジェクトのうち、このオブジェクト外観インスタンスの CreateObject メソッドで作成されたリスト項目描画可能オブジェクトと同じ種類で、かつ、このオブジェクト外観インスタンスの名前と同じ名前のものを見つけ、そのリスト項目描画可能オブジェクトの外観をリセットします。
ResetObjectTprotected名前がこのオブジェクト外観インスタンスの名前と同じである、指定された型(T)の指定されたリスト項目が所有する描画可能リスト項目を検索し、その描画可能リスト項目の外観をリセットします。
RestoreDefaultspublicこのオブジェクト外観インスタンスのデフォルト値を復元します。
SafeCallExceptionpublicsafecall 呼び出し規約を使って宣言されたメソッド内での例外を処理します。
SetBoundsRectprotected表示オブジェクトの境界を設定します。
ToStringpublicクラス名を表す文字列を返します。
UnitNamepublic

クラスが定義されているユニットの名前を返します。

UnitScopepublic

クラスのユニット スコープを返します。