SimpleDS.TSimpleDataSet.BeforeExecute

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property BeforeExecute: TRemoteEvent read FBeforeExecute write FBeforeExecute;

C++

__property BeforeExecute;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
event published
SimpleDS.pas
SimpleDS.hpp
SimpleDS TSimpleDataSet

説明

クライアント データセットがプロバイダのクエリまたはストアド プロシージャを実行する前に、発生します。

SimpleDS.TSimpleDataSet.BeforeExecute は Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.BeforeExecute を継承しています。以下の内容はすべて Datasnap.DBClient.TCustomClientDataSet.BeforeExecute を参照しています。

クライアント データセットがプロバイダのクエリまたはストアド プロシージャを実行する前に、発生します。

BeforeExecute イベント ハンドラを記述すると、カスタム情報をクライアント データセットのプロバイダに送信することができます。 BeforeExecute は、プロバイダのデータセットによる SQL コマンドを明示的に実行する際に、クライアント データセットとプロバイダが情報をやり取るするためのメカニズムの一部です。 ステートレス アプリケーション サーバーにおいてプロバイダを操作する場合、このメカニズムにより、クライアント データセットとプロバイダは、永続的な状態情報をやり取りすることが可能になります。

アプリケーションがクライアント データセットの Execute メソッドを呼び出した際、次のイベントが発生します:

  1. クライアント データセットが BeforeExecute イベントを受信。ここでは、カスタム情報を OleVariant にエンコードすることができ、それを OwnerData パラメータとしてプロバイダに渡す。
  2. プロバイダが BeforeExecute イベントを受信。ここでは、クエリまたはストアド プロシージャを実行する前に、その情報に応答、または変更することができる。
  3. プロバイダが適切なコマンド(CommandText プロパティによって提供されたコマンド、または、データセットに関連づけられたクエリやストアド プロシージャなどのコマンド)を実行。
  4. プロバイダが AfterExecute イベントを受信。ここでは、カスタム情報を OwnerData パラメータへエンコード、または、BeforeExecute イベント ハンドラからの情報に応答することができる。
  5. クライアント データセットがプロバイダからの出力パラメータを、Params プロパティへ展開し、AfterExecute イベントを受信。ここでは、プロバイダの AfterExecute イベント ハンドラから返されたカスタム情報に応答することができる。

BeforeExecute は、Datasnap.DBClient.TRemoteEvent 型のイベント ハンドラです。

関連項目