表示: Delphi C++
表示設定

__CODEGEARC_VERSION__ マクロの例

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

定義済みマクロ への移動



以下の例では、--version オプションを指定してコンパイラ BCC32.exe を実行したときに表示されるものと同じような値を、__CODEGEARC_VERSION__ マクロを使って出力する方法を示します。

#include <iostream>

int main()
{
  std::cout << "Version: "
            << std::hex
            << ((__CODEGEARC_VERSION__ & 0xFF000000) >> 24) << '.'
            << ((__CODEGEARC_VERSION__ & 0x00FF0000) >> 16) << '.'
            << std::dec
            << ((__CODEGEARC_VERSION__ & 0x0000FFFF))
            << std::endl;
  return 0;
}

BCC32 の XE2 バージョンで実行すると、上のプログラムは次のように出力します:

Version: 6.40.26555
個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance