表示: Delphi C++
表示設定

FireMonkey

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

GUI アプリケーション フレームワーク への移動

FireMonkey では、現代のデスクトップ デバイスやモバイル デバイスに搭載されているグラフィックス処理装置(GPU)を利用して、パーソナル環境からエンタープライズ環境までのすべての範囲をターゲットに、複数のプラットフォームで動作する視覚的に魅力のあるアプリケーションを作成できます。

関連トピック

FireMonkey 関連のトピックには、以下のものがあります。

  • FireMonkey クイック スタート ガイド」では、イラストやスクリーン ショットを使って FireMonkey アプリケーション プラットフォームについて紹介しており、追加情報へのハイパーリンクも記載されています。

FireMonkey の主要な機能

  • ウィンドウ、メニュー、タイマ、ダイアログ ボックスなどの OS 機能のクロスプラットフォーム抽象化レイヤ
  • 2D および 3D グラフィックス
  • (Adobe Flash や Microsoft WPF のような)強力なベクタ エンジン
  • 高速のリアルタイム アンチエイリアス ベクタ グラフィックス(解像度に独立、アルファ ブレンディング機能およびグラデーション機能搭載)
  • WYSIWYG デザイナおよびプロパティ エディタ
  • 高度な GUI エンジン - ウィンドウ、ボタン、テキストボックス、数値ボックス、メモ、アングルボックス、リスト ボックス、他
  • ベクタ グラフィックス スタイルとサンプル スタイル テーマに基づいた高度なスキニング エンジン
  • 2D グラフィックス用のプリミティブ図形のほか、一連の組み込みブラシ、ペン、ジオメトリ、変換
  • バックグラウンド スレッドで計算される高度なアニメーション(使いやすく正確、最低限の CPU 使用率、自動フレーム レート修正機能搭載)
  • ソフトウェアで描画されるビットマップ効果(ドロップ シャドウ、ぼかしなど)
  • 図形などのコントロールの柔軟性の高いレイアウトと合成
  • Unicode 対応の階層フォーム
  • JPEG、PNG、TIFF、GIF 形式での読み取り/書き込みのサポート
  • 多言語対応のエンジン、エディタ、サンプル

VCL は FireMonkey と互換性がない

注意: FireMonkey(FMX)ビジュアル コンポーネント ライブラリ(VCL)は互換性がないため、同じモジュール内で一緒に使用してはなりません。 つまり、FireMonkeyVCL のどちらか一方だけのモジュールでなければなりません。 この非互換性は、FireMonkey(FMX)VCL とのフレームワークの違いに起因するものです。

ただし、以下のことは可能です。

RAD Studio では 3 つの主要なライブラリを用意しています。

RTL を FireMonkey アプリケーションで自由に使用することはできますが、VCL を FireMonkey アプリケーション モジュールで直接使用することはできません。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance