表示: Delphi C++
表示設定

RTL(ランタイム ライブラリ)の利用

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

RTL への移動


Delphi ランタイム ライブラリ(つまり RTL)は、VCL および FireMonkey コンポーネント ライブラリ の大部分の基礎を成す多数の基本ユニットで構成されます。RTL には、グローバル ルーチン、ユーティリティ クラス(ストリームやリストを表すものなど)、クラス(TObjectTPersistentTComponent など)が含まれています。

FireMonkey や VCL と密接に連携しているとはいえ、RTL には、[ツール パレット]に表示されるコンポーネントはどれも含まれていません。むしろ、RTL のクラスやルーチンは、[ツール パレット]に表示されるコンポーネントで使用されており、VCL プロジェクトまたは FireMonkey プロジェクトのアプリケーション コードや独自のクラスを記述する際に使用することができます。

Delphi および C++ アプリケーションは、両者とも Delphi RTL を使用できます。 Delphi RTL は、.pas ファイルの拡張可能ライブラリから構成されており、これらファイルは、Delphi コンパイラ(DCC32.exe など)でコンパイルされます。 その後、Delphi コンパイラは、C++ ヘッダー ファイルを出力して、C++ コンパイラが使用できるようにします。 したがって、Delphi も C++Builder も Delphi RTL を使用します。 RTL の Delphi および C++ の、クラスやメンバーについては、ライブラリ リファレンス にて、VCL および FireMonkey のライブラリと共に、説明されています。

メモ: Delphi RTL と C ランタイム ライブラリを混同しないでください。 Delphi RTL 内のルーチンの多くは、C ランタイム ライブラリ内のルーチンと同じ機能を果たしますが、Delphi RTL 関数の名前は大文字で始まり(FindClose など)、C RTL 関数の名前は小文字で始まり、ときにはアンダースコアが前に付くので(exp など)、識別することができます。 また、Delphi RTL 関数は、Delphi ユニットのヘッダー内で宣言されるのに対し、C RTL 関数は、C++ ヘッダー ファイル.h)で定義されます。

例:

関連セクション

メモ:

  • System ユニットには、Delphi Run-Time Library(RTL)のほとんどがあります。
  • 次のトピックのセクションやグループでは、RTL を構成する数多くのクラスやルーチンを挙げ、これら RTL メンバーの使用方法について説明します。
  • ただし、ランタイム ライブラリの多くの重要なクラスやルーチンは、以下のトピックでは説明されていません。このような説明されていないルーチンには以下のものがあります(ただし、これだけに限りません)。
  • またヘルプにも、RTL 関連の関数および型が一覧されています。「API カテゴリ:インデックス」を参照してください。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance