表示: Delphi C++
表示設定

FireMonkey コンポーネント ライブラリ

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

FireMonkey コンポーネント ガイド への移動


以下の図は、FireMonkey 階層を構成するいくつかの重要なクラスの関係を示しています。FireMonkey コンポーネントを作成するには、どのクラスを上位クラス(拡張点)として使用して特定の機能を実装するかを決定する必要があります。例については、「既存のコンポーネントを拡張してスタイル付きの FireMonkey コンポーネントを作成する」を参照してください。

FireMonkeyHierarchy2.png

System.TObject

TObject は、以下を提供するメソッドを導入することで、コンポーネント ライブラリ内のすべてのクラスに共通する基本動作をカプセル化しています。

  • オブジェクト インスタンスの作成時または破棄時に応答する機能
  • オブジェクトのクラス型とインスタンスに関する情報および公開プロパティに関する実行時型情報(RTTI)

TPersistent

フォーム ファイルやデータ モジュールと共に何が保存され、メモリから取得されるときにフォームやデータ モジュールに何が読み込まれるかは、持続性で決まります。

TPersistent を継承するクラスは公開プロパティとして使用できるため、[オブジェクト インスペクタ]でそれらのプロパティにアクセスできます。

TComponent – 非ビジュアル コンポーネント

非ビジュアル コンポーネントは[ツール パレット]に表示され、設計時にはフォーム上で操作できますが、実行時にはユーザーに表示されません。

非ビジュアル コンポーネントの代表的な用途は以下のとおりです。

  • データベースとの接続の管理
  • タイマの役割(そのため定期的アクションのイベントを定義できます)

TFmxObject

TFmxObjectTComponent を拡張したもので、FireMonkey コンポーネントに対する次のような低レベル機能を提供します。

  • オブジェクトの生成、破棄、解放
  • オブジェクトの複製、保存、ストリームからの読み込み
  • 子オブジェクトの操作(追加、削除、検索)
  • 通知の解放

TControl

TControl は、画面に表示される FMX コンポーネントの基底クラスです。ほとんどの場合は、TControl そのものではなく、TShapeTStyledControlTControl3D のいずれかをベースにクラスを作成します。

TShape – FireMonkey プリミティブ

TShape は 2D グラフィック プリミティブ(TLineTRectangleTPath など)の基底クラスです。 これらのクラスでは、自分自身を描画するために Paint メソッドをオーバーライドしています。一方、これらのクラス単独ではルック アンド フィールを変更しません。異なるスタイルでは次のいずれかを選択します。

  • 異なるプロパティが設定されたプリミティブ
  • スタイルに基づく異なるプリミティブ

TStyledControl – スタイル付きコントロール

TStyledControl は、ユーザーとやり取りするためのカスタマイズ可能なコントロールの基底クラスです。これらのクラスでは、スタイル リソース(いつでも変更可能)を通じてルック アンド フィールを定義します。ユーザー インターフェイスを作成する場合、スタイル リソースでは、スタイル ファイルを通じて特定のプリミティブ(一連のプリミティブまたは一連のスタイル付きコントロール)を選択します。

TControl3D – 3D コントロール

TControl3DTFmxObject を拡張したもので、画面上に表示されるオブジェクトを提供します。以下に関するプロパティやメソッドが追加されています。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance