表示: Delphi C++
表示設定

[検査]ペイン

提供: RAD Studio
移動: 案内, 検索

検査と測定の GUI への移動


QA 検査 ダイアログ ボックス > 開始

[検査]ペインには、Delphi プロジェクトで実行された検査の結果の表が表示されます。[検査]ペインを開くには、[QA 検査]ダイアログ ボックスを開き、[開始]ボタンをクリックします。検査処理が終了すると、[検査]ペインが自動的に開きます。

検査結果の表には、検査を行った結果として見つかった違反が表示されます。[検査]ペインを使用して、検査結果の確認やエクスポートを行うことができます。

同じプロジェクトに対して検査を複数回行うと、そのたびに検査結果がこのペインの新しいタブ ページに表示されます。最新の検査結果を表示しているページがアクティブになります。

[検査]ペインのコントロール

[検査]ペインには以下のコントロールがあります。

項目 説明

ツールバー ボタン:

[保存] [保存]

検査結果を保存します。

[印刷] [印刷]

検査結果を印刷します。

[更新] [更新]

現在表示されている検査項目違反を再計算します。

[再実行] [再実行]

[QA 検査]ダイアログ ボックスを開き、新しく検査設定を定義して、検査分析を開始します。

コンテキスト メニュー コマンド:

[グループ化...]

指定した列見出しに基づいて検査項目違反をグループ化します。
このコマンドには、列見出しの名前に合わせて、[略語][説明][重要度][リソース][ファイル][行][グループ化解除]のオプションが備わっています。必要なオプションを選択してください。テーブルの左側に 'グループ化ペイン' が表示されます。このペインは、選択した見出しに基づいて項目をグループ化したものです。

[説明の表示]

選択した検査項目の完全名と説明を表示したペインが開きます。

[開く]

ソース コード エディタが開き、選択した検査項目に関係するソース コードが強調表示されます。

[コピー]

検査結果テーブルの 1 つまたは複数の行をコピーできます。Ctrl を押しながらマウスをクリックすることで、複数の行をコピー対象に選択できます。

タブ コントロールのコンテキスト メニュー:

[閉じる]

現在のタブを閉じます。

[すべて閉じる]

[検査]ペインのすべてのタブを閉じます。

[他のタブをすべて閉じる]

[検査]ペインのタブを、現在のタブを除いてすべて閉じます。


検査結果テーブル

次の列が表に含まれます。

列見出し 説明

[略語]

検査名の略語。完全名は、選択した検査項目のコンテキスト メニューで[説明の表示]を選択して開くことのできる "検査の説明" ペインに表示されます。

[説明]

その項目が検査項目違反になっている理由を説明します。

[重要度]

検査項目違反がどの程度重要と見なされているかを示します。これにより、どの違反が重大でどの違反が重大でないかを判断できます。

[リソース]

検査項目違反であるとされたソース コード項目。

[ファイル]

問題のコードを含んでいるファイル。

[行]

問題のコードが含まれるファイル中の行番号。

メモ: 検査の結果表に表示されるのは検査項目違反だけです。そのため、処理したすべての検査、パッケージ、クラスがこの表に表示されるとは限りません。


関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance