表示: Delphi C++
表示設定

Delphi 検査の実行

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

検査の取り扱い:インデックス への移動


Delphi の検査では、Delphi コーディング スタイル、保守性、および堅牢性のガイドラインに準拠しているかどうかが検証されます。

検査を実行する前に、検査するコードがコンパイルできることを確認してください。ソース コードにエラーがある場合や、インクルードされていないライブラリやパスがある場合は、検査で不正確な結果が生成される可能性があります。

検査を実行する

  1. Delphi プロジェクトを開きます。
  2. [QA 検査]ダイアログ ボックスを開くには、次の操作を行います。
    • コード エディタでソース コード ファイルを開きます。メニュー コマンドの [プロジェクト|QA 検査...]をクリックします。
    • 実装プロジェクトでは、モデリング用のビューからも[QA 検査]ダイアログ ボックスを開くことができます。[モデル ビュー]または[ダイアグラム]ビューでモデル要素を右クリックして、コンテキスト メニューの[QA 検査...]をクリックします。
  3. 検査の範囲を選択します。[QA 検査]ダイアログ ボックスで[範囲]リスト ボタンを使用して、検査の実行対象とするコード範囲を選択します。選択できる値は、[プロジェクト](実装プロジェクトでは[モデル])または[選択要素 (<要素名>)]です。
    • [プロジェクト][モデル]) -- プロジェクト全体に検査が行われます。
    • [選択要素 (<要素名>)] -- コード エディタ、[ダイアグラム]ビュー、または[モデル ビュー]で現在選択されている、特定のクラスまたは名前空間だけに検査が行われます。
特定のクラスまたは名前空間を検査の実行対象にする場合は、それらを正しく選択していることを確認してから、[QA 検査]ダイアログ ボックスを開きます。
  1. [QA 検査]ダイアログ ボックスの左ペインで、実行する検査を選択します。 いずれかの検査を選択すると、[QA 検査]ダイアログ ボックスの下部ペインにその説明が表示されます。
  2. 左ペインでいずれかの検査をクリックすると、その検査のプロパティが右ペインに表示されます。[重要度]と検査固有のその他のプロパティが表示されます。必要に応じて、設定を変更します。
  3. 検査項目セットを選択したら、[開始]をクリックします。[操作を実行しています...]ダイアログ ボックスに、進行状況を示すステータス バーが表示されます。このステータス バーは処理が完了するまで表示されます。
  4. 必要な場合は、[キャンセル]をクリックして処理を中止します。
検査の処理が完了すると、[検査]ペインが自動的に開き、検査の結果が表示されます。[検査]ペインには、処理された検査のうち、違反のある結果だけが表示されることに注意してください。検査結果の表でいずれかの行を右クリックすると、コンテキスト メニューが表示されます。各コマンドを使用するとレポートに対して操作を実行できます。


メモ: 検査はコマンド スレッドで実行されるため、検査の処理中はプロジェクトを編集できません。
警告: 検査はデザイン プロジェクトでは使用できません。


関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance