InterBase 2020 リリース ノート

提供: InterBase

メイン ページ へ戻る

最新のアップデートは InterBase 2020 Update 3 であり、2020 リリースをお使いの場合にはインストールされることを推奨します。 詳細については、InterBase 2020 Update 3 Readme を参照してください。
メモ:InterBase 2020 より前のリリース情報については、「以前のリリース」を参照してください。

  • このリリースでは、不具合の修正が行われています。 不具合の修正に関する詳細リストについては、「解決された不具合」を参照してください。
  • このリリースでは、新しい機能も追加されています。詳細については、「新機能」を参照してください。


新機能

テーブル領域

InterBase の複数ファイルのデータベースは、単一のプライマリ テーブル領域を占有していると認識される場合があります。 このテーブル領域は、データベース ページ群の単一の論理コレクションを表しており、このコレクション内のシーケンスによって番号付けされています。 InterBase 2020 より、ユーザーは、ページ群の独立した論理コレクションを表す、他の命名テーブル領域を定義することができるようになりました。 詳細については、「テーブル領域」を参照してください。

ALTER DESCRIPTION のサポート

InterBase 2020 より前の InterBaseユーザーは、各エンティティ型に対して、 UPDATE <system_table> SET RDB$DESCRIPTION=<blob_text> WHERE <entity_name>=<user_entity> を実行する必要がありました。これにより、ユーザーは、各エンティティ タイプごとに、データベース システム スキーマを詳細に知る必要がありました。 新しい DDL 構文ではこの煩雑性をなくし、新しい ALTER DESCRIPTION FOR 構文を提供しています。これは、InterBase によってサポートされるすべてのデータベース エンティティに共通する標準です。 詳細については、「ALTER DESCRIPTION」を参照してください。

TMP$INDICES テーブル

InterBase 2020 では TMP$INDICES という新しいシステム テーブルが導入されており、パフォーマンス モニタのシステム テーブルの一部として含まれています。 モニタリングするための主要測定機能で、このテーブルはデータベース内のテーブルごとに、すべての読み込まれたインデックスをトラッキングします。 詳細については、「TMP$INDICES」を参照してください。

IBConsole

InterBase 2020 では、IBConsole ツールについて次の機能強化が行われています:

パフォーマンス モニタ

新しい[インデックス]タブでは、インデックスについての詳細が記載された表が表示されます。

対話型 SQL ウィンドウ

  • 読み取り専用トランザクションでの対話型 SQL ウィンドウを閉じた際には、コミットまたはロールバック ダイアログが表示されずにトランザクションはコミットされ、ウィンドウが閉じられるようになりました。
  • RECONNECT 句に対するサポートが強化され、CACHElc_ctypeDIALECT が新たにサポートされました。
  • 新しい[表示]タブ。このタブでは、isql SHOW 文からの情報を表示します。
  • InterBase 2020 機能のサポート(TABLESPACE、ALTER DESCRIPTION DDL)
  • 変更ビュー サブスクリプション コンテキストと変更ステータスの色表示
  • クエリの構文強調表示
  • InterBase の 64 ビット エディションと 64 ビット IBConsole.exe バイナリ
  • サーバーにおよぶパフォーマンス モニタリングの強化
  • WISQL SHOW コマンド

NOT 演算子の最適化

InterBase 2020 では、NOT 演算子に対する最適化が行われています。詳細については NOT 演算子の最適化を参照してください。


InterBase の移行における問題

Note: InterBase 2020 以前の問題については、こちら をクリックしてください。

InterBase 2020 の移行における問題

  • InterBase 2020 Update 1 で作成されたデータベース バックアップは、2020 Update 1(もしくはそれ以降)のクライアント(gbak)またはサーバー(サービス API) バージョンで復元されなければなりません。これより古い ODS バージョンで、古いバージョンのサーバーへバックアップを復元する場合には、2020 Update 1 GBAK クライアントを使用してください。
  • InterBase 2020 は、デフォルトでは ODS 18 でデータベースを作成しますが、トランザクション負荷のため、ODS 13 以降のデータベースにも接続できます。
  • InterBase 2020 では、ODS 11 および ODS 12 のデータベースのバックアップは、クライアント/サーバー モード使用している gbak コマンドライン ツールを使用している場合にのみ可能で、サーバー マネージャ モードではできません。 古い InterBase ODS 11 や 12 のデータベースから移行する場合、この機能を使用することができます。
  • 本リリースでは、次の新しい InterBase キーワードが導入されています: COLLATION は InterBase 2020 での予約キーワードです。


既知の問題点

  • テーブル領域を保有する ODS 18 上でデータベース ダンプを試みると、「その機能はまだサポートされていません」というメッセージが表示されます。InterBase 2020 Update 3 の最初のリリースでは、データベース ダンプはまだサポートされていません。
  • IBConsole は、InterBase Desktop Edition のサーバーがアプリケーションとして実行されていると、サーバーへの接続に失敗します。回避策としては、IBConsole を Administrator で実行してください。


解決された不具合

外部バグ # 説明
(QC)SalesForce #
内部バグ #
InterBase 2020 Update 3: 2022年4月、バージョン 2020 Update 3、ビルド 14.3.0.699 で修正された不具合
SF Case 00915057

INTB-4055

InterBase が、IN 句とサブクエリの使用時にクラッシュする
SF Case 00914437

INTB-4054

InterBase 2020 Update 2 が、構文が不正なクエリでクラッシュする
SF Case 00895549

INTB-4036

InterBase 2020 ビルド 482 が、System グローバル一時テーブルのクエリ時にクラッシュする
SF Case 00866648

INTB-3930

IBConsole 診断接続ダイアログが小さすぎて、サイズ変更できない
SF Case 924768

INTB-4091

GBAK によるデータベースの復旧が、ディレクトリ名にスペースが入っていると機能しない
SF Case 931271

INTB-4091

オンライン ダンプが、接続がないと TMP$DATABASE に残る
INTB-4081 高いトランザクション数の場合に、ODS15 DB のオープンでエラーが発生する
SF Case 00927047

INTB-4072

CSV ファイルのインポートが、IBConsole で機能しない
SF Case 00917838

INTB-4071

Raw データのインポートが、IBConsole で機能しない
INTB-4043 IBConsole: 列を削除した後のビューエディタの AV
SF Case 800497, 00912051

INTB-3844

IB 2020 が特定の ODS 15 データベースにアクセスできない
INTB-4068 使用状況確認のため、ライセンス済み CPU 数を interbase.log に表示
InterBase 2020 Update 2: 2021年9月、バージョン 2020 Update 2 で修正されたバグ、ビルド 14.2.0.570
INTB-4034 "CREATE USER foo SET INACTIVE" が機能しない
INTB-4021 DPB メソッドを使用したインクリメンタル オンライン ダンプは、IB2020 以前までは機能していたが、update 1 のあたりで不具合が発生
INTB-4009 JOIN の一部で派生テーブルを使用していると、"スタック オーバーフロー" エラーが返される
SF Case 00888133

INTB-3989

PLAN 構文で派生テーブルのエイリアスを使用していると、InterBase サーバーがクラッシュする
INTB-3981 Linux の InterBase インストーラ スクリプトが、 コンソール モードで機能する
SF Case 00882697

INTB-3970

IBConsole WISQL ウィンドウを最小化すると、復元できなくなる
SF Case 00882510

INTB-3969

サブクエリで外部スコープのテーブル名修飾子を使用すると、誤った結果セットが返される
INTB-3953 リンガー(残存)モードのデータベースの場合、基盤のデータベース ファイルがファイル システムで削除されると、ロードされたデータベースは、サーバー セッションの間、メモリに永続的に常駐する
INTB-3947 前回のガベージ コレクタ チェック以降に新しい添付ファイルが受信された場合でも、データベースはカウントダウンをし続ける
SF Case 00874221, 00879632

INTB-3945

データベース書き込みモードが、IBConsole プロパティで変更されない
SF Case 00873954

INTB-3942

IBConsole が、接続が DB エイリアスを使用している場合に、データベース プロパティを表示しない
IBP-153

INTB-3938

csv txt のインポート エラー
SF Case 868447

INTB-3936

IBConsole を使用したサブスクリプションをドロップさせると、RDB$USER_PRIVILEGES からの権限削除に失敗する
INTB-3934 EUA ユーザーがサブスクリプションのトラッキングの削除を有効にすると、クラッシュする
IBP-151

INTB-3931

CTE クエリでの構文エラーが、サーバーをクラッシュさせる
SF Case 00866587

INTB-3928

サブスクリプションを有効に設定すると、トラップされていないサーバーがクラッシュする
IBP-150

INTB-3924

InterBase 2020 において IBConsole でビューを変更することができない
SF Case 00865039

INTB-3923

Atom アンロックの無効な状態レベル:1 が、ビルド 14.1.0.366 の interbase.log に表示される
SF Case 00862442

INTB-3921

ODS 17 バックアップのメタデータの確認が、ODS 18 のそれよりも顕著に遅い
SF Case 00859749

INTB-3918

ストアド プロシージャの再コンパイルが、同時に数百レベルで行うとハングする
SF Case 00858974

INTB-3910

sysdba パスワードが、サーバーの SYSDBA パスワードと異なる場合、EUA データベースにログインすることはできません。
SF Case 00859012

INTB-3907

重い負荷がかかると、InterBase サーバー原因不明の原因不明のクラッシュを起こす
SF Case 811739

INTB-3895

テーブル領域を含むデータベースの完全バックアップを行うと、テーブル領域のリストアが失敗し、データベースを破壊する
SF Case 00811085

INTB-3885

InterBase サーバーが、派生テーブル定義の UNION でクラッシュする
SF Case 00796052

INTB-3824

EUA SYSDBA パスワードがサーバーのパスワードと異なると、IBConsole でデータベースに接続できない
SF Case 00794471

INTB-3814

サイレント インストーラが、スーパーキー slip ファイルを Program Files に配置する
SF Case 00789869

INTB-3792

派生テーブルで不正な列のエイリアスを使用すると、サーバー クラッシュが発生する
SF Case 00766141

INTB-3732

IBServer がオンライン ダンプの更新時にクラッシュする
SF Case 00762676

INTB-3705

派生テーブルへの SELECT 実行時にクラッシュする
SF Case 00585868

INTB-3376

IBConsole は、ODS 16 以降で、パフォーマンス モニタリングがセットアップできない
IBP-54

INTB-3294

派生テーブルの列の命名
INTB-3018 CTE式でのクエリ数にて「Invalid command must specify column name for view select expression(無効なコマンドは、ビュー選択式の列名を指定する必要があります)」
InterBase 2020 Update 1 Hotfix 2: 2020年10月、バージョン 2020 Update 1 Hotfix 2 で修正された不具合、ビルド 14.1.0.319
INTB-3889 isc_info_db_sep_external 情報項目が修正され、外部、内部、または SEP なしのステータスを返すように
SF Case 811259

INTB-3887

複数のクライアントから同時にエイリアス情報をフェッチすることができない
IBP-142

INTB-3881

複数のサービス API を一度にアタッチすると、サーバー クラッシュが発生する
INTB-3878 同一時のサービス API のアタッチが PWD_REQUEST にてサーバー クラッシュを発生させる
IBP-141

INTB-3857

データベース リストアで、「No current record for fetch operation(フェッチ操作でカレント レコードがありません)」とレポートされる
SF Case 787085

INTB-3782

データベース エイリアス サービス リクエストが同時に大量に実行されると、InterBase Server が、クラッシュする
InterBase 2020 Update 1 Hotfix 1: 2020年6月、バージョン 2020 Update 1 Hotfix 1 で修正された不具合、ビルド 14.1.0.231
INTB-3820 InterBase 2020 Update 1 の 32 ビット サーバー(ビルド 14.1.0.220)が開始されない
INTB-3818 InterBase 2020(ビルド 14.1.0.219)ToGo が、macOS 用のファイルを同梱していない
INTB-3817 システム トリガが必要とするすべてのジェネレータが、誤った値を返す
SF Case 792965

INTB-3807

例外がトリガから呼び出されない。
InterBase 2020 Update 1: 2020年5月。バージョン 2020 Update 1 で解決された不具合。
INTB-3809 テーブル領域を伴う IBConsole データベース オンライン ダンプが、名前付き InterBase インスタンス(デフォルトではない)を対象としているときに動作しない
IBB-16

INTB-3789

プライマリ テーブル領域のバックアップがエラーを起こす
INTB-3785 ODS 18 からのデータベース バックアップを、ODS 18 より前に復元できない。テーブル領域を使用していない場合も同様
SF Case 784575

INTB-3775

InterBase サーバーがデータベースのアタッチ時にクラッシュする
INTB-3769 LEFT OUTER JOIN を伴い SQLIND_INSERT で返す変更ビュー クエリが、生成された RHS テーブル レコードに設定される
IBP-127

INTB-3758

IBMGR を開始するとサービス名が XE7 を含むよう変更される
INTB-3755 InterBase がオンライン ダンプ実行時にハングする
SF Case 770527

INTB-3753

PRIMARY テーブル領域の復元ができない
SF Case 774492

INTB-3752

InterBase が、Windows 上で WM_DEVICECHANGE メッセージ受信時にクラッシュする
INTB-3746 InterBase 2020 PDF ドキュメントが 2017 バージョンのまま
INTB-3743 Windows でのインストール起動画面で、"セットアップ情報" と Readme への URL が間違っている
INTB-3742 フォント]の選択に従って変更されない
SF Case 766570

INTB-3738

ROWS キーワードを使用する派生テーブルが間違った結果セットを出す
INTB-3719 InterBase サーバーが、データベース ドロップ操作に失敗したのち、同じデータベース上でデータベース ファイル接続時にハングする
SF Case 761090

INTB-3718

InterBase クラッシュ ダンプが、サーバー クラッシュ時に配信されない
INTB-3716 外部キー テーブルが別にテーブル領域に存在する場合、"パートナー インデックスのディスクリプションが見つかりません" というエラーが発生する
SF Case 764447

INTB-3713

サーバーが、サンプル UDF BLOB_LINECOUNT 使用時にクラッシュする
INTB-3682 Ubuntu: ibmgr が ibserver を正常にシャットダウンできない。
SF Case 670588

INTB-3503

Installanywhere インストーラが、Guardian サービス スタートアップを手動に設定する
INTB-3417 InterBase 2017 インストール時、サービス名 "InterBase XE7 Guardian" がサービス リストに表示される
IBP-61

INTB-3323

アップデート オンラインダンプの間の内部 gds ソフトウェアの一貫性
INTB-3664 SP/トリガ内部の PLAN でインデックスが使われている場合、インデックスに対して "inactive" オプションが設定されていると、データベースのリストアに失敗する
InterBase 2020 Update 3: 2019年11月。バージョン 2020 Update 3 で解決された不具合。
INTB-3729 IBConsole でテーブル選択時に動的 SQL エラー
INTB-3722 ISQL Extract for Domain チェック検証コードがチェックする際に大文字小文字を区別する
INTB-3714 UDF 例: 文字列操作関数宣言 (udf.sql) と定義 (udflib.c) が同期されていない
INTB-3706 PRIMARY だけの replace_tablespace が、GBAK で "index unexpectedly deleted" エラーを起こす
INTB-3704 コマンド ライン オプションが長い文字列の場合に、GBAK が、"gbak: ERROR: Cannot attach to services manager(サービス マネージャにアタッチできません)" とレポートするERROR:
SF Case 761484

INTB-3687

IBConsole は、SET サブスクリプションを実行できません
INTB-3675

SF Case 761090

InterBase サーバーが、高アクティブなシステム上でクラッシュする
INTB-3670 IBConsole が個々のデータベース エンティティ メタデータの抽出に失敗し、全データベース メタデータを渡す
INTB-3658

SF Case 757728

InterBase サーバーが、ソフトウェア一貫性チェックでダイアレクト 1 で SQL 拡張 IS INSERTED 句で新たに作成された変更ビュー サブスクリプションにアクセスする際に、エラーを報告する
INTB-3648 InterBase サーバーは、ソート/マージ処理中にハングする
INTB-3645 SELECT が、"不正な BLOB ID" エラーを返す
INTB-3644 IBConsole サーバー全体のパフォーマンス モニタリングの「添付ファイルを検索」ボタンが、別のデータベースから添付ファイルを見つけることがある
INTB-3641 IBConsole でテーブル選択時に動的 SQL エラー
INTB-3636 BLOB パフォーマンス、一時メモリ リーク問題
INTB-3525 JDBC API ResultSet.getObject() は、全オブジェクトを返すのではなく、テキスト blob データを切り詰める
INTB-3505

SF Case 671345

InterBase が、GROUP COMMIT がオンになっていると短期間のリカバリ中にクラッシュする
INTB-3502

SF Case 667105

InterBase サーバーが、トランザクションの終わりにクラッシュする
INTB-3501

SF Case 667114

ORDER BY のためのインデックスを使用して単一行を連続して返すとクライアントがハングする
INTB-3493

SF Case 661894

インデックスを使用して1行だけ返す必要がある際に、トリガの中で呼び出されたストアド プロシージャがハングする
INTB-3492

SF Case 661330

DELETE を追跡するテーブルに対する変更ビューのサブスクリプションが、GC 中に行の重複または紛失を引き起こす
INTB-3484

SF Case 657237

ストアド プロシージャからの誤った選択がサーバー クラッシュを起こす
INTB-3258 [IBConsole] Admin.ib パフォーマンス モニタリングがキー違反を起こす
INTB-3096 IBConsole が、ダイアレクト 1 データベースに対してパフォーマンス モニタを起動すると、"抽象エラー" をレポートする
INTB-2928 [IBConsole] [テキスト ビューア]ウィンドウで検索を使用する際にエラーとなる
INTB-1792 IBConsole が Unicode Blob を表示できない

Note: InterBase 2020 以前の問題については、こちら をクリックしてください。


ヘルプが必要なときには

Embarcadero Technologies の技術サポート

Embarcadero Technologies と正規の保守契約を結ばれている場合、お使いの弊社アプリケーションで何らかの問題があった際に Embarcadero の技術サポート チームが対応いたします。 また弊社の保守契約により、Embarcadero Technologies 製品の登録ユーザーは、その契約の有効期間の間、ソフトウェアの更新を無料でダウンロードする権利を有します。 評価者は、その評価期間の間、無料で技術サポートを受けることができます。 Web サイトの「カスタマー サポート」セクションをご覧ください。

Embarcadero Technologies の Web サイト

評価者は、その評価期間の間、無料で技術サポートを受けることができます。 Embarcadero Technologies 製品の評価版をダウンロードしたり、弊社および弊社製品についてさらにお調べになりたい場合には、http://www.embarcadero.com/ をご参照ください。