FireDAC.Phys.FB.TFDFBNBackup

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

FireDAC.Phys.IBBase.TFDIBServiceFireDAC.Phys.TFDPhysDriverServiceFireDAC.Stan.Intf.TFDComponentSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFDFBNBackup

Delphi

TFDFBNBackup = class (TFDIBService)

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public FireDAC.Phys.FB.pas FireDAC.Phys.FB FireDAC.Phys.FB


説明

Firebird 専用のデータベース バックアップ サービスを実装するクラスです。

TFDFBNBackup コンポーネントを使用すると、Firebird 専用バックアップ データベース機能が、アプリケーションに追加されます。 これは、データベースをバックアップするため、nbackup ツールを DB サーバー プロセス内のスレッドとして呼び出す、プログラムでの手法です。 データベース サーバーへの接続を設定するには、次のプロパティを埋める必要があります: DriverLinkHostProtocolUserNamePassword

データベースを DB バックアップから生成するには、アプリケーションは次のことが必要になります:

  • Database の指定 - バックアップするプライマリ データベース ファイル。
  • BackupFiles の指定 - データベースをバックアップするファイル名。
  • Level の指定 - インクリメンタル レベルまたはフル バックアップ モード。
  • Backup メソッドを呼び出します。

その他のプロパティやメソッドは任意です。

バックアップファイルのパスは、サーバーを基準にして指定します。 TFDFBNBackup は、DB サーバー ホスト上のバックアップを実行するため、DB サービス マネージャは、サーバー ホスト上のファイルに書き込みます。 DB サービス マネージャは、サーバーのコンテキスト内にもファイルを作成します。

TFDFBNBackup によって作成されるバックアップを復元するため、TFDFBNRestore コンポーネントを使用します。TFDIBSDump コンポーネントは、Interbase オンライン ダンプに使用されます。

詳細については、http://www.firebirdsql.org/manual/nbackup.html を参照してください。

例:

FDFBNBackup1.DriverLink := FDPhysFBDriverLink1;

FDFBNBackup1.UserName := 'sysdba';
FDFBNBackup1.Password := 'masterkey';
FDFBNBackup1.Host := 'db_srv_host';
FDFBNBackup1.Protocol := ipTCPIP;

FDFBNBackup1.Database := 'e:\fb\addemo.fdb';
FDFBNBackup1.BackupFile := 'e:\fb\addemo.backup';
FDFBNBackup1.Level := 0; // full backup

FDFBNBackup1.Backup;

関連項目