FireDAC.Phys.IBBase.TFDIBBackup

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

FireDAC.Phys.IBBase.TFDIBServiceFireDAC.Phys.TFDPhysDriverServiceFireDAC.Stan.Intf.TFDComponentSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFDIBBackup

Delphi

TFDIBBackup = class (TFDIBService)

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public FireDAC.Phys.IBBase.pas FireDAC.Phys.IBBase FireDAC.Phys.IBBase


説明

Firebird および InterBase のデータベース バックアップ サービスを実装するクラス。

TFDIBBackup コンポーネントを使用すると、Firebird や InterBase のデータベース バックアップ機能を、アプリケーションに追加することができます。これは、プログラムから gbak ツールを DB サーバー プロセス内のスレッドとして呼び出す手段です。

データベース サーバーへの接続を設定するには、次のプロパティを埋める必要があります: DriverLinkHostProtocolUserNamePassword

データベースを DB バックアップから生成する際に、アプリケーションがやるべきことは:

  • Database の指定 - バックアップするプライマリ データベース ファイル。
  • BackupFiles の指定 - データベースをバックアップするファイル名。
  • Backup メソッドを呼び出します。

その他のプロパティやメソッドは任意です。

バックアップファイルのパスは、サーバーを基準にして指定します。 TFDIBBackup は、DB サーバー ホスト上のバックアップを実行するため、DB サービス マネージャは、サーバー ホスト上のファイルに書き込みます。 DB Services Manager は、サーバーのコンテキスト内にもファイルを作成します。

DB バックアップ ログを生成するには、アプリケーションは VerboseTrue に設定し、OnProgress イベントを使用する必要があります。

TFDIBBackup によって作成されるバックアップを復元するため、TFDIBRestore コンポーネントを使用します。 TFDFBNBackup コンポーネントは、Firebird のインクリメンタル バックアップに使用することができます。TFDIBSDump コンポーネントは、Interbase オンライン ダンプに使用されます。

例:

FDIBBackup1.DriverLink := FDPhysFBDriverLink1;

FDIBBackup1.UserName := 'sysdba';
FDIBBackup1.Password := 'masterkey';
FDIBBackup1.Host := 'db_srv_host';
FDIBBackup1.Protocol := ipTCPIP;

FDIBBackup1.Database := 'e:\fb\addemo.fdb';
FDIBBackup1.BackupFiles.Add('e:\fb\addemo.backup');

FDIBBackup1.Backup;

関連項目