System.PWideChar

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

type PWideChar = ^Char;

C++

typedef WideChar*            PWideChar;        //

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
pointer
typedef
public
System.pas
sysmac.h
System System


説明

PWideChar は、WideChar 値、つまり Unicode 文字からなる NULL 終了文字列へのポインタです。

PWideChar は、WideChar 値(#0 文字を含む)が格納された、メモリ上の場所を指すポインタを定義します。

Delphi では、string または WideString から PWideChar 値を取得することができるため、Null で終わる Unicode 文字列を想定している C や C++ のアプリケーションと、シームレスに統合することができます。

メモ:

  • PWideChar は、通常の string 値と組み合わせて使用されると、本質的に安全ではありません。 PWideChar 変数では、参照カウントもコピーオンライトも行われません。 そのため、string 値の破損やメモリ リークが起きる可能性があります。
  • PWideChar は、Delphi デスクトップ コンパイラで使用されるますが、Delphi モバイル コンパイラではサポートされていません。 詳細については、「デスクトップからモバイルへの Delphi コードの移行」を参照してください。

警告: 文字ポインタ型でない型を PWideChar に型キャストしてポインタ算術演算を行わないでください。 代わりに PByte ポインタ型を使用してください。こちらの型は {$POINTERMATH ON} コンパイラ指令を付けて宣言されています。

関連項目