Vcl.Forms.TForm.WindowMenu

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索

Delphi

property WindowMenu: TMenuItem read FWindowMenu write SetWindowMenu stored IsForm;

C++

__property WindowMenu;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Vcl.Forms.pas
Vcl.Forms.hpp
Vcl.Forms TForm

説明

MDI 親フォームの[ウィンドウ]メニューを指定します。

Vcl.Forms.TForm.WindowMenu は Vcl.Forms.TCustomForm.WindowMenu を継承しています。以下の内容はすべて Vcl.Forms.TCustomForm.WindowMenu を参照しています。

MDI 親フォームの[ウィンドウ]メニューを指定します。

WindowMenu プロパティを使用すると,MDI 親フォームの[ウィンドウ]メニューを取得または設定できます。[ウィンドウ]メニューは MDI アプリケーションでの標準メニューです。[ウィンドウ]メニューには,ユーザーがアプリケーションのウィンドウを操作するためのコマンドが含まれています。メニュー項目には,通常,重ねて表示,アイコンの整列,整列等があります。

また,[ウィンドウ]メニューの下部にはアプリケーションで現在開いている子ウィンドウが示されます。ユーザーがメニューからウィンドウの 1 つを選択すると,選択したウィンドウがアプリケーションでのアクティブウィンドウになります。

このメニューは一般に[ウィンドウ]メニューと呼ばれますが,どのような名前にもできます。ただし,その名前はメニューバーに表示される既存のメニュー項目のいずれかでなくてはなりません。開いている子フォームの名前は,実行時に自動的にそのメニューに入ります。

WindowMenu プロパティが有効なのは FormStyle プロパティが fsMDIForm に設定されている MDI 親フォームだけです。

関連項目