BDSSetLang 言語ツール

提供: RAD Studio
移動先: 案内検索

RAD Studio IDE は、Windows の UI 言語をデフォルトで使用します。ユーザー インターフェイス言語を変更したい場合には、BDSSetLang ツールを使用できます。

BDSSetLang では、インストールされたもののうち、どのローカライズ言語を RAD Studio で使用するのか選択することができます。利用可能な言語はつぎのとおりです:

  • German [DE]
  • English [EN]
  • French [FR]
  • Japanese [JA]
メモ: この選択可能な言語のリストは、いずれの RAD Studio バージョンでも固定されていません。今後のバージョンで新しい言語が追加または拡張される可能性があります。


言語パック ファイルを確認または使用できるようにするには、それぞれ言語をインストールする必要があります。インストール時、もしくはその後いつでも、言語オプションを追加または削除することができます:

ツール > プラットフォームの管理 > 追加オプション > 追加言語


ファイル:RADstudioAdditionalOptions.png


メモ: この操作では、IDE の現在の UI 言語は変更されません。これは単に、ローカライズ言語サポートファイルを追加または削除するのみです。


IDE の UI やライブラリ言語を変更するには、BDSSetLang が使用可能な言語をチェックするため、インストーラで「追加言語」をインストールする必要があります。 リスト(GUI モード)またはコマンドライン ヘルプ(CUI モード)から言語を選択できない場合には、追加言語ファイルをインストールしなければなりません。

各プラットフォーム ライブラリは、エラー メッセージ / ダイアログのためにローカライズされたメッセージをサポートしています。 通常、この言語は、IDE のユーザー インターフェイス言語と同じです。 ライブラリ言語を変更したい場合、BDSSetLang ツールを使用できます。 (GUI モードのみ、ライブラリ言語の変更をサポートしています)。


BDSSetLang ツールでは、次のようなことも行えます:

  • 現在のリポジトリ ファイルを、他の翻訳リポジトリ ファイルで上書き
  • IDE のリソース DLL を入替え
  • consts ファイルの翻訳 dcu を入替え
  • ライブラリ言語を切り替えるためレジストリ キーを変更
  • LLVMed バイナリを、各ローカライズ辞書から bin にコピー


コマンドライン構文

BDSSetLang のコマンドライン構文は:


BDSSetLang [options] [New UI Language]


コマンドライン要素

要素 説明
[options] /I : GUI モード

/? : ヘルプ メッセージ

[New UI Language] 言語を定義
  • DE
  • "en"
  • FR
  • JA


メモ: この選択可能な言語リストは、どの言語がすでにインストールされているかで変わります。これらの言語のいずれかを、ユーザーが事前にインストールしている場合、BDSSetLang は別の言語に切り替えられません。