RAD Studio11でFireMonkeyアプリをビルドし、Androidデバイスへデプロイすると、”エラー: E2308 プログラムが見つかりません”というエラーが発生する

提供: Support
移動先: 案内検索

対象となる製品

  • RAD Studio 11.x Alexandria
  • C++Builder 11.x Alexandria
  • Delphi 11.x Alexandria

問題

RAD Studio11でFireMonkeyアプリをビルドし、Androidデバイスへデプロイすると、以下のエラーが発生します。

[PAClient エラー] エラー: E2308 プログラムが見つかりません、'C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\22.0\CatalogRepository\AndroidSDK-2525-22.0.42600.6491\build-tools\30.0.3\Aapt.exe'

Thumb03001099ujpn.png


このエラーの原因は、RAD Studio 11のIDEメニューの[ツール]-[オプション]-[配置]-[SDKマネージャ]のSDKに関連したそれぞれのパスに関して、下図のように右側に警告(!)マークが表示されています。

Thumb03002001ujpn.png


Android SDKのホームディレクトリ(今回の場合は、C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\22.0\CatalogRepository\AndroidSDK-2525-22.0.42600.6491)に配置されているファイルを見ると、ビルドに必要なファイルが見つかりません。


下図は、AndroidSDK-2525-22.0.42600.6491フォルダ内のファイル一覧です。

Thumb03001101ujpn.png

上記のようにAndroidSDKに関連した必要なフォルダやファイルが足りないことがわかります。


この問題は、RAD Studio 11をISOイメージ形式を利用してインストールした場合、Android SDKなどの必要なモジュールがインストールされない不具合として報告されております。

解決

RAD Studio 11をインストールする方法として、ISO形式ではなく、Webインストール形式を実行して行うと、Android SDKの必要なモジュールを含めて正常にインストールされることが確認されています。 Thumb03001106ujpn.png


そのため、大変ご迷惑をおかけいたしますが、本症状に遭遇した場合は、RAD Studio 11を一度アンインストールし、Webインストール形式で再インストールしてください。


Webインストール形式のインストーラーは、カスタマーポータルからログインし、下図のようにMy Downloadsの一覧から入手できます。


Thumb03001102ujpn.png


関連情報