イベントでの作業

提供: InterBase
移動先: 案内検索

API ガイド へ戻る


この章では、イベントでの作業方法について説明します。これは、指定された条件やアクションの発生を通知するために、トリガやストアド プロシージャからアプリケーションへ渡されるメッセージで、通常はデータベースにおける変更(レコードの挿入、変更、削除など)です。また、イベント バッファの設定方法や、同期および非同期のイベント呼出しを行うための次のような API 関数の利用方法について説明していきます。次の表では、関数はアプリケーションに通常記述される順に、一覧されています:

関数 目的

isc_event_block()

イベント パラメータ バッファを割り当てる

isc_wait_for_event()

同期イベントが通知されるのを待機する

isc_que_events()

非同期イベントを設定し、アプリケーション処理に戻る

isc_event_counts()

イベント パラメータ バッファ内のイベント カウンタの値における変更を判断する

isc_cancel_events()

イベントに対する関心登録をキャンセルする

非同期イベントについては、この章では、非同期トラップ(AST:投稿されたイベントに応答する関数)の作成方法について説明します。

トピック



次は: