表示: Delphi C++
表示設定

Data.Win.ADODB.TADOConnection.ConnectionString

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

property ConnectionString: WideString read GetConnectionString write SetConnectionString;

C++

__property System::WideString ConnectionString = {read=GetConnectionString, write=SetConnectionString};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
Data.Win.ADODB.pas
Data.Win.ADODB.hpp
Data.Win.ADODB TADOConnection

説明

データストアの接続情報を指定します。

ConnectionString プロパティを設定すると,ADO 接続コンポーネントをデータストアに接続するために必要な情報を指定できます。ConnectionString に使用される値は,ADO が接続を確立するために使用する 1 つまたは複数の引数で構成されます。複数の引数はそれぞれをセミコロンで区切ったリストで指定します。



ADOConnection1.ConnectionString := 'Provider=ProviderRef;Remote Server=ServerRef';



ADOConnection1->ConnectionString = "Provider=ProviderRef;Remote Server=ServerRef";



設計時には,オブジェクトインスペクタから呼び出される利用可能な ADO データベース接続のリストから選択してください。

接続文字列をファイルに保存すると,再利用できます。そうしたファイルの名前だけを ConnectionString に指定しておけば,保存済みの接続文字列の再使用が可能です。

接続文字列には,自動ログインのための,ユーザー ID やパスワードなどのログイン情報を指定することもできます。

Open メソッドまたは ConnectionString のどちらかでログイン情報を明示的に渡す場合は,LoginPrompt プロパティを false に設定して不要なログインダイアログが表示されないようにする必要があります。

ADO は,接続文字列のために以下の 4 つの引数をサポートしています。ほかの引数(ユーザー ID やパスワードなど)は,ADO により処理されずに,単純にプロバイダに渡されます。



引数 意味

プロバイダ

接続に使用するプロバイダの名前

ファイル名

接続情報を格納するファイルの名前

リモートプロバイダ

クライアント側接続に使用するプロバイダの名前

リモートサーバー

クライアント側接続に使用するサーバーのパス名



メモ:  接続を開くと,ConnectionString の内容は ADO により変更される場合があります。この動作の一例として,ADO 定義の引数がそのプロバイダの対応要素にマップされる場合を挙げることができます。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance