表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Graphics.TCanvas.DrawBitmap

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure DrawBitmap(const ABitmap: TBitmap; const SrcRect, DstRect: TRectF; const AOpacity: Single;  const HighSpeed: Boolean = False);

C++

void __fastcall DrawBitmap(TBitmap* const ABitmap, const System::Types::TRectF &SrcRect, const System::Types::TRectF &DstRect, const float AOpacity, const bool HighSpeed = false);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Graphics.pas
FMX.Graphics.hpp
FMX.Graphics TCanvas


説明

TBitmap イメージから指定された領域を、イメージが TCanvas の指定された領域へスケーリングされた後に描画します。

TBitmap イメージから指定された四角形を描画するには、DrawBitmapTCanvas の子孫で実装する必要があります。描画は、TCanvas の指定された四角形領域に行われます。描画の前に、ソースのイメージを、対象領域のサイズにスケーリングします。

ABitmap パラメータは、TBitmap を示します。

SrcRect パラメータは、スケールされ描画される、ABitmap の四角形領域を示します。

DstRect パラメータは、ABitmap から選択した部分を描画する対象となる、四角形領域を示します。

AOpacity パラメータは、ABitmap の選択した部分に適用される、透明度を示します。

HighSpeed パラメータは、ABitmap の選択した領域が、描画操作によってスケーリングされた場合に、使用される補間モードを示します。

DrawBitmap は、ABitmap が空の場合は何も行いません。DrawBitmap は、この場合、例外を発生させません。

関連項目

コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance