表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Objects.TSelectionPoint

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

FMX.Controls.TStyledControlFMX.Controls.TControlFMX.Types.TFmxObjectSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTSelectionPoint

Delphi

TSelectionPoint = class(TStyledControl)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TSelectionPoint : public Fmx::Controls::TStyledControl

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FMX.Objects.pas
FMX.Objects.hpp
FMX.Objects FMX.Objects


説明

TSelectionPoint は、移動可能な 2D 点オブジェクトを定義したものです。TControl を継承しており、コントロールを作成するためのスタイルで使用できます。

TSelectionPoint クラスでは、2D 点オブジェクトをマウスなどのポインティング デバイスで移動する操作を実装しています。

選択ポイント オブジェクトの動作は、対応するスタイルリソースがアプリケーションのスタイル ブック内に存在するかどうかで変わります。

  • アプリケーションのスタイル ブックに選択ポイントのスタイルリソースが含まれていない場合の動作は、次のようになります。
    • アプリケーションの選択ポイントは、半径が GripSize に等しい円として描画されます。
    • 使用する GripSize は、1<= GripSize<=20 の範囲に収まるよう切り詰められます。
    • 選択ポイントは、縁が青い白の円として描画されます。
    • 選択ポイントを選択すると、円は赤で表示されます。
    • 選択ポイントを選択するには、選択ポイントの円形または境界を表す四角形(サイズは WidthHeight)の上にマウス ポインタを置きます。
  • アプリケーションのスタイル ブックに選択ポイントのスタイルリソースが含まれている場合は、選択ポイントのすべてのプロパティがスタイルリソースから読み込まれます。プロパティ値はフォーム デザイナで設定されたりプログラムで無視されます。一部のプラットフォームでは、選択ポイント用にプラットフォーム固有の既定値が使用されます。たとえば一部のモバイル プラットフォームでは、GripSize16 または 17 であり、この値をプログラムで変更することはできません。

GripCenter プロパティが次のように実装されていることに注意してください。GripCenterXY の値は、押されたマウス ポインタが移動したときの、マウス ポインタ位置と表示されている選択ポイントとのオフセットを示します。

TSelectionPoint オブジェクトの倍率 Scale を使用すると、座標軸に沿って選択ポイントやグリップのサイズを比例的に変更することができます。選択ポイント オブジェクトの回転軸 RotationCenter と回転角 RotationAngle を使用して、選択ポイントの位置を変更することもできます。

関連項目

コード例

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance