表示: Delphi C++
表示設定

FMX.Types.TFmxObject.AnimateFloatDelay

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

procedure AnimateFloatDelay(const APropertyName: string; const NewValue: Single; Duration: Single = 0.2;  Delay: Single = 0.0; AType: TAnimationType = TAnimationType.In; AInterpolation: TInterpolationType = TInterpolationType.Linear);

C++

void __fastcall AnimateFloatDelay _DEPRECATED_ATTRIBUTE1("Use FMX.Ani.TAnimator instead") (const System::UnicodeString APropertyName, const float NewValue, float Duration = 2.000000E-01f, float Delay = 0.000000E+00f, TAnimationType AType = (TAnimationType)(0x0), TInterpolationType AInterpolation = (TInterpolationType)(0x0));

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
FMX.Types.pas
FMX.Types.hpp
FMX.Types TFmxObject


説明

警告: AnimateFloatDelay は非推奨になっています。 Ani.TAnimator を使用してください。

このオブジェクト(自身)の TFloatAnimation を作成します。

AnimateFloatDelayTFloatAnimation を作成し、その親にこの TFmxObject (自分自身)をします。

このフロート アニメーションの AnimationType プロパティを、AType パラメータで渡された TAnimationType に設定します。

このフロート アニメーションの Interpolation プロパティを、AInterpolation パラメータで渡された TInterpolationType に設定します。

このフロート アニメーションの Delay プロパティを、Delay パラメータで渡された実数に設定します。

このフロート アニメーションの Duration プロパティを、Duration パラメータで渡された整数に設定します。

このフロート アニメーションの PropertyName プロパティを、APropertyName パラメータで渡された文字列に設定します。

このフロート アニメーションの StartFromCurrent プロパティを True に設定します。

このフロート アニメーションの StopValue プロパティを、NewValue パラメータで渡された実数に設定します。

Start を呼び出すと、アニメーションを開始します。


関連項目

サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance