表示: Delphi C++
表示設定

System.DateUtils.YearsBetween

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function YearsBetween(const ANow, AThen: TDateTime): Integer;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall YearsBetween(const System::TDateTime ANow, const System::TDateTime AThen);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.DateUtils.pas
System.DateUtils.hpp
System.DateUtils System.DateUtils


説明

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何年かを返します(端数は切り捨て)。

YearsBetween を呼び出すと、2 つの TDateTime 値の差分を年数で取得できます。 年はすべてが同じ長さというわけではないので(閏年など)、YearsBetween は「1 年=365.25 日」という想定を基に、近似値を返します。 端数はカウントされません。 したがって、たとえば YearsBetween は、1月1日と12月31日の差を、閏年の場合には 1、それ以外の年は 0 としてレポートします。

YearsBetween は、常に整数値を返すため、パラメータ値は変換可能になっています。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance