表示: Delphi C++
表示設定

日付および時刻のサポート

提供: RAD Studio
移動先: 案内, 検索

API カテゴリ:インデックス への移動

このトピックでは、日付と時刻をサポートする型、ルーチン、および変数をすべて列挙します。

日付と時刻のデータ型

日付と時刻を格納するために使われるデータ型を次の表に示します。

説明

System.TDate

TDate は、日付を表すために使用されます。

System.TDateTime

TDateTime は、Delphi 言語での日付/時刻値を表します。

System.SysUtils.TTimeStamp

TTimeStamp は日時の値を表します。

System.TTime

TTime は、時間を表すために使用されます。

System.DateUtils.TTimeZone

タイム ゾーンをサポートします。

現在の日付と時刻の取得

現在の日付と時刻を取得するために使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.SysUtils.CurrentYear

現在の年を返します。

System.SysUtils.Date

現在の日付を返します。

System.SysUtils.DayOfWeek

指定された日付の曜日を返します。

System.SysUtils.GetTime

現在の時刻を返します。

System.SysUtils.Now

現在の日付と時刻を返します。

System.SysUtils.Time

現在の時刻を返します。

System.DateUtils.Today

現在の日付を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.Tomorrow

次の日を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.Yesterday

前の日を表す TDateTime 値を返します。

日付/時刻値の作成

日付/時刻値を作成するために使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.SysUtils.EncodeDate

指定された年、月、日を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EncodeDateDay

指定した年の、指定した日(その年の何日目か)を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EncodeDateMonthWeek

指定した年月の、指定した週(その年の何週目か)の、指定した曜日を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EncodeDateTime

指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EncodeDateWeek

指定した年の、指定した週(その年の何週目か)の、指定した曜日を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EncodeDayOfWeekInMonth

指定した年と月の、指定した回数目の曜日を表す TDateTime 値を返します。

System.SysUtils.EncodeTime

指定した時、分、秒、ミリ秒を表す TDateTime 値を返します。

System.SysUtils.TryEncodeDate

指定した年、月、日を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.TryEncodeDateDay

指定した年の、指定した日(その年の何日目か)を表す TDateTime 値を計算します。

System.DateUtils.TryEncodeDateMonthWeek

指定した年月の、指定した週(その年の何週目か)の、指定した曜日を表す TDateTime 値を計算します。

System.DateUtils.TryEncodeDateTime

指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒を表す TDateTime 値を計算します。

System.DateUtils.TryEncodeDateWeek

指定した年の、指定した週(その年の何週目か)の、指定した曜日を表す TDateTime 値を計算します。

System.DateUtils.TryEncodeDayOfWeekInMonth

指定した年と月の、指定した回数目の曜日を表す TDateTime 値を計算します。

System.SysUtils.TryEncodeTime

指定した時、分、秒、ミリ秒を表す TDateTime 値を計算します。

日付/時刻値からの情報の抽出

日付/時刻値から特定の部分を抽出するために使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.DateUtils.DateOf

TDateTime 値から、時刻部分を除去します。

System.DateUtils.DayOf

TDateTime 値で表される日付の日部分を返します。

System.DateUtils.DayOfTheMonth

TDateTime 値で表される日付の日部分を返します。

System.DateUtils.DayOfTheWeek

TDateTimevalue で表される日付の曜日部分を返します。

System.DateUtils.DayOfTheYear

指定した TDateTime 値がその年の何日目かを返します。

System.SysUtils.DecodeDate

TDateTime 値で表される年、月、日の各値を返します。

System.DateUtils.DecodeDateDay

指定した TDateTime 値で表される年と日(その年の何日目か)を返します。

System.SysUtils.DecodeDateFully

TDateTime 値で表される年、月、日、曜日の各値を返します。

System.DateUtils.DecodeDateMonthWeek

指定した TDateTime で表される年、月、週(その月の何週目か)、曜日を返します。

System.DateUtils.DecodeDateTime

指定された TDateTime 値で表される年、月、日、時、分、秒、ミリ秒の各値を返します。

System.DateUtils.DecodeDateWeek

指定した TDateTime 値で表される年、週(その年の何週目か)、曜日を返します。

System.DateUtils.DecodeDayOfWeekInMonth

指定した TDateTime 値で表される年、月、曜日、その曜日がその月の何回目かを返します。

System.SysUtils.DecodeTime

TDateTime 値を時、分、秒、ミリ秒に分解します。

System.DateUtils.HourOf

TDateTime 値で表される日付の時間の部分を返します。

System.DateUtils.HourOfTheDay

TDateTime 値で表される日付の時間の部分を返します。

System.DateUtils.HourOfTheMonth

指定した TDateTime 値が、その月の最初の日の午前 12:00 から何時間目かを返します。

System.DateUtils.HourOfTheWeek

指定した TDateTime 値が、その週の最初の日の午前 12:00 から何時間目かを返します。

System.DateUtils.HourOfTheYear

指定した TDateTime 値が、その年の最初の日の午前 12:00 から何時間目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOf

TDateTime 値で表される秒のミリ秒を返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheDay

指定した TDateTime 値が、その日の最初から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheHour

指定した TDateTime 値が、その時間の最初から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheMinute

指定した TDateTime 値が、その分の最初から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheMonth

指定した TDateTime 値が、その月の最初から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheSecond

TDateTime 値で表される秒のミリ秒を返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheWeek

指定した TDateTime 値が、その週の最初の日の午前 12:00:00:00 から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MilliSecondOfTheYear

指定した TDateTime 値が、その年の最初の日の午前 12:00:00:00 から何ミリ秒目かを返します。

System.DateUtils.MinuteOf

TDateTime 値で表される時間の分の部分を返します。

System.DateUtils.MinuteOfTheDay

指定した TDateTime 値が、その日の午前 12:00 から何分目かを返します。

System.DateUtils.MinuteOfTheHour

指定した TDateTime 値が、その時間の最初から何分目かを返します。

System.DateUtils.MinuteOfTheMonth

指定した TDateTime 値が、その月の最初の日の午前 12:00 から何分目かを返します。

System.DateUtils.MinuteOfTheWeek

指定した TDateTime 値が、その週の最初の日の午前 12:00 から何分目かを返します。

System.DateUtils.MinuteOfTheYear

指定した TDateTime 値が、その年の最初の日の午前 12:00 から何分目かを返します。

System.DateUtils.MonthOf

TDateTime 値で表される年の月の部分を返します。

System.DateUtils.MonthOfTheYear

TDateTime 値で表される年の月の部分を返します。

System.DateUtils.NthDayOfWeek

指定された TDateTime 値の曜日を返します。

System.DateUtils.SecondOf

TDateTime 値で表される分の秒の部分を返します。

System.DateUtils.SecondOfTheDay

指定した TDateTime 値が、その日の午前 12:00:00 から何秒目かを返します。

System.DateUtils.SecondOfTheHour

指定した TDateTime 値が、その時間の最初から何秒目かを返します。

System.DateUtils.SecondOfTheMinute

指定した TDateTime 値が、その分の最初から何秒目かを返します。

System.DateUtils.SecondOfTheMonth

指定した TDateTime 値が、その月の最初の日の午前 12:00:00 から何秒目かを返します。

System.DateUtils.SecondOfTheWeek

指定した TDateTime 値が、その週の最初の日の午前 12:00:00 から何秒目かを返します。

System.DateUtils.SecondOfTheYear

指定した STDateTime 値が、その年の最初の日の午前 12:00:00 から何秒目かを返します。

System.DateUtils.TimeOf

TDateTime 値から日付部分を除去します。

System.DateUtils.WeekOf

TDateTime 値で表される年の週の部分を返します。

System.DateUtils.WeekOfTheMonth

TDateTime 値で表される月の週の部分を返します。

System.DateUtils.WeekOfTheYear

TDateTime 値で表される年の週の部分を返します。

System.DateUtils.WeeksInAYear

指定した年に含まれる週の数を返します。

System.DateUtils.WeeksInYear

指定した TDateTime 値の年に含まれる週の数を返します。

System.DateUtils.YearOf

TDateTime 値で表される年を返します。

日付/時刻値の比較とチェック

日付/時刻値を比較したりチェックするために使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.DateUtils.CompareDate

2 つの TDateTime 値の日付部分の関係を示します。

System.DateUtils.CompareDateTime

2 つの TDateTime 値の関係を示します。

System.DateUtils.CompareTime

2 つの TDateTime 値の時間部分の関係を示します。

System.DateUtils.IsInLeapYear

指定した TDateTime 値がうるう年かどうかを示します。

System.DateUtils.IsAM

指定した TDateTime 値の時刻部分が午前かどうかを示します。

System.DateUtils.IsPM

指定した TDateTime 値の時刻部分が午後かどうかを示します。

System.DateUtils.IsSameDay

指定した TDateTime 値が基準日と同じ日かどうかを示します。

System.DateUtils.IsToday

指定した TDateTime 値が現在の日付かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidDate

指定した年、月、日が有効な日付かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidDateDay

指定した年、日(その年の何日目か)が有効な日付かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidDateMonthWeek

指定した年、月、週(その月の何週目か)、曜日が有効な日付かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidDateTime

指定した年、月、日、時、分、秒、ミリ秒が有効な日付と時刻かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidDateWeek

指定した年、週(その年の何週目か)、曜日が有効な日付かどうかを示します。

System.DateUtils.IsValidTime

指定した時、分、秒、ミリ秒が有効な日付と時刻かどうかを示します。

System.DateUtils.SameDate

2 つの TDateTime 値が同じ年、月、日を表すかどうかを示します。

System.DateUtils.SameDateTime

2 つの TDateTime 値が同じ年、月、日、時、分、秒、ミリ秒を表すかどうかを示します。

System.DateUtils.SameTime

2 つの TDateTime 値が同じ時刻を表すかどうかを示します。その際、日付部分は無視します。

System.DateUtils.WithinPastDays

2 つの日付の間隔が、指定した日数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastHours

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定した時間数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastMilliSeconds

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定したミリ秒数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastMinutes

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定した分数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastMonths

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定した月数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastSeconds

2 つの日付/時刻の間隔が、指定した秒数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastWeeks

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定した週数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.WithinPastYears

2 つの日付/時刻値の間隔が、指定した年数の範囲内にあるかどうかを示します。

System.DateUtils.DateInRange

TDate 値が所定の範囲内かどうかをチェックします。

System.DateUtils.DateTimeInRange

TDateTime 値が所定の範囲内かどうかをチェックします。

日付/時刻値に関する計算

日付/時刻値に関する計算を実行するために使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.DateUtils.DaySpan

2 つの指定された TDateTime 値の間の日数(端数を含む)を返します。

System.DateUtils.DaysBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何日かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.DaysInAMonth

指定した年の、指定した月の日数を返します。

System.DateUtils.DaysInAYear

指定した年の日数を返します。

System.DateUtils.DaysInMonth

指定した TDateTime 値の月に含まれる日の数を返します。

System.DateUtils.DaysInYear

指定した TDateTime 値の年に含まれる日の数を返します。

System.DateUtils.EndOfADay

指定した日の最後のミリ秒を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EndOfAMonth

指定した月の最後の日の最後のミリ秒を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EndOfAWeek

指定した週の、指定した日の最後のミリ秒を表す TDateTime オブジェクト値を返します。

System.DateUtils.EndOfAYear

指定した年の最後のミリ秒を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.EndOfTheDay

指定した TDateTime で識別される日の最後のミリ秒を表す TDateTime を返します。

System.DateUtils.EndOfTheMonth

指定した TDateTime で識別される月の最後の日の最後のミリ秒を表す TDateTime を返します。

System.DateUtils.EndOfTheWeek

指定した TDateTime で識別される週の最後の日の最後のミリ秒を表す TDateTime を返します。

System.DateUtils.EndOfTheYear

指定した TDateTime で識別される年の最後の日の最後のミリ秒を表す TDateTime を返します。

System.DateUtils.HourSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何時間かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.HoursBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何時間かを返します(端数は切り捨て)。

System.SysUtils.IncAMonth

1 か月、データ情報を増やします。

System.DateUtils.IncDay

指定した日数分だけ増やした日付を返します。

System.DateUtils.IncHour

指定した時間数分だけ増やした日付/時刻値を返します。

System.DateUtils.IncMilliSecond

指定したミリ秒数分だけ増やした日付/時刻値を返します。

System.DateUtils.IncMinute

指定した分数分だけ増やした日付/時刻値を返します。

System.SysUtils.IncMonth

指定した月数分だけ増やした日付を返します。

System.DateUtils.IncSecond

指定した秒数分だけ増やした日付/時刻値を返します。

System.DateUtils.IncWeek

指定した週数分だけ増やした日付を返します。

System.DateUtils.IncYear

指定した年数分だけ増やした日付を返します。

System.DateUtils.MilliSecondSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何ミリ秒かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.MilliSecondsBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何ミリ秒かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.MinuteSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何分かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.MinutesBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何分かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.MonthSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が、おおよそ何カ月かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.MonthsBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何か月かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.RecodeDate

指定された TDateTimee 値の日付部分を置き換えます。

System.DateUtils.RecodeDateTime

指定された TDateTime 値の部分を選択して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeDay

その月の日を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeHour

その日の時間を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeMilliSecond

その秒のミリ秒を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeMinute

その時間の分を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeMonth

その年の月を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeSecond

その分の秒を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.RecodeTime

指定された TDateTime 値の時間部分を置き換えます。

System.DateUtils.RecodeYear

その年を、指定された TDateTime 値に対して置き換えます。

System.DateUtils.SecondSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何秒かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.SecondsBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何秒かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.StartOfADay

指定した日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfAMonth

指定した月の最初の日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfAWeek

指定した週の最初の日の最初の時刻を表す TDateTime を返します。

System.DateUtils.StartOfAYear

指定した年の最初の日の最初の時刻を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfTheDay

指定した TDateTime で表される日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfTheMonth

指定した TDateTime で表される月の最初の日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfTheWeek

指定した TDateTime で表される週の最初の日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.StartOfTheYear

指定した TDateTime で表される年の最初の日の午前 12:00:00:00 を表す TDateTime 値を返します。

System.DateUtils.WeekSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何週かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.WeeksBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何週かを返します(端数は切り捨て)。

System.DateUtils.YearSpan

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何年かを返します(端数を含む)。

System.DateUtils.YearsBetween

指定した 2 つの TDateTime 値の間隔が何年かを返します(端数は切り捨て)。

日付/時刻値の変換

日付/時刻値の変換に使われるすべてのルーチンを次の表に示します。

ルーチン 説明

System.DateUtils.DateToISO8601

TDateTime 形式で指定された日付/時刻値を、ISO 8601 形式に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToFileDate

TDateTime 値を OS タイムスタンプ値に変換します。

System.DateUtils.DateTimeToJulianDate

TDateTime 値をユリウス日に変換します。

System.DateUtils.DateTimeToModifiedJulianDate

TDateTime 値を変更したユリウス日に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToStr

日付/時刻を表示するローカル設定を使用して、TDateTime 値を文字列に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToString

指定された SysUtils.Format 使用して、TDateTime 値を文字列に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToSystemTime

TDateTime 値を、Win32 API のシステム時刻型に変換します。

System.SysUtils.DateTimeToTimeStamp

TDateTime 値を、相当する TTimeStamp 値に変換します。

System.DateUtils.DateTimeToUnix

TDateTime 値を、Unix/Linux スタイルの日付/時刻値に変換します。

System.SysUtils.DateToStr

TDateTime 値を文字列に変換します。

System.DateUtils.ISO8601ToDate

ISO 8691 形式で指定された日付/時刻値を、TDateTime 形式に変換します。

System.DateUtils.JulianDateToDateTime

ユリウス日を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.MSecsToTimeStamp

指定されたミリ秒数を TTimeStamp 値に変換します。

System.DateUtils.ModifiedJulianDateToDateTime

指定されたユリウス日を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.StrToDate

文字列を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.StrToDateDef

文字列を TDateTime 値に、エラー デフォルトと共に変換します。

System.SysUtils.StrToDateTime

文字列を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.StrToDateTimeDef

文字列を TDateTime 値に、エラー デフォルトと共に変換します。

System.SysUtils.StrToTime

文字列を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.StrToTimeDef

文字列を TDateTime 値に、エラー デフォルトと共に変換します。

System.SysUtils.SystemTimeToDateTime

システム時間値を TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.TimeStampToDateTime

TTimeStamp 値を、相当する TDateTime 値に変換します。

System.SysUtils.TimeStampToMSecs

TTimeStamp 値を、ミリ秒の絶対値に変換します。

System.SysUtils.TimeToStr

TDateTime 値を表す文字列を返します。

System.SysUtils.TryFloatToDateTime

浮動小数点値を TDateTime 値に変換します。

System.DateUtils.TryJulianDateToDateTime

ユリウス日を TDateTime 値に変換します。

System.DateUtils.TryModifiedJulianDateToDateTime

指定されたユリウス日を TDateTime 値に変換します。

System.DateUtils.TryRecodeDateTime

指定された TDateTime 値を、部分的に選択して置換します。

System.SysUtils.TryStrToDate

文字列を TDateTime 値に、Boolean 成功コードと共に変換します。

System.SysUtils.TryStrToDateTime

文字列を TDateTime 値に、Boolean 成功コードと共に変換します。

System.SysUtils.TryStrToTime

文字列を TDateTime 値に、エラー デフォルトと共に変換します。

System.DateUtils.UnixToDateTime

Unix/Linux スタイルの日付/時刻値を、TDateTime 値に変換します。

関連項目

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance