表示: Delphi C++
表示設定

System.SysUtils.FileSetAttr

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内, 検索

Delphi

function FileSetAttr(const FileName: string; Attr: Integer; FollowLink: Boolean = True): Integer;

C++

extern DELPHI_PACKAGE int __fastcall FileSetAttr(const System::UnicodeString FileName, int Attr, bool FollowLink = true);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.SysUtils.pas
System.SysUtils.hpp
System.SysUtils System.SysUtils


説明

指定したファイルのファイル属性を設定します。

FileSetAttr は、FileName で指定したファイルのファイル属性を Attr で指定した値に設定します。 Attr の値は、次に示すように、適切なファイル属性定数を組み合わせて作成します。

Delphi の場合:

 FileSetAttr('MyFile.sys', SysUtils.faReadOnly or SysUtils.faSysFile, True);

C++ の場合:

 FileSetAttr("MyFile.sys", faReadOnly | faSysFile, true);

FileSetAttr は、処理が成功すれば 0 を返します。 成功しなければエラー コードを返します。

メモ: 指定された FileName パラメータが シンボリック リンク であり、FollowLink パラメータが True に設定されている場合、このメソッドは対象ファイルに対して実行されます。 最初の条件が True だが FollowLink パラメータが False に設定されている場合、メソッドはシンボリック リンクに対して実行されます。
メモ: FileSetAttr は、Windows でのみ利用できます。

関連項目


コード サンプル

個人用ツール
他言語版
以前のバージョン
Assistance