System.SysUtils

提供: RAD Studio API Documentation
移動先: 案内検索


パッケージ rtl.bpl

クラス

EAbortEAbort は,サイレント例外クラスです。エラーが発生しても,その旨を伝えるメッセージボックスは表示されません。
EAbstractErrorEAbstractError は,抽象メソッドの呼び出しを試行した場合の例外クラスです。
EAccessViolationEAccessViolation は,メモリ領域への無効なアクセスが検出されたときに生成される例外クラスです。
EArgumentExceptionEArgumentException は引数の値が無効な場合に発生する例外です。
EArgumentNilExceptionこの例外は、関数の引数が nil/NULL である場合に発生します。
EArgumentOutOfRangeExceptionEArgumentOutOfRangeException は引数の値が許容範囲を超えている場合に発生する例外です。
EAssertionFailedEAssertionFailed は,Delphi コードの表明に失敗したときに生成される例外クラスです。
ECFError
EControlCEControlC は、ユーザー割り込みのための例外クラスです。
EConvertErrorEConvertError は,文字列やオブジェクトを正しく変換できなかったときに生成される例外クラスです。
EDirectoryNotFoundExceptionこの例外は、指定されたディレクトリが見つからない場合に発生します。
EDivByZeroEDivByZero は,整数のゼロ除算エラーによって生成される例外クラスです。
EEncodingErrorEEncodingError はエンコード エラーに対する例外クラスです。
EExternal

EExternal は、外部エラー情報を表す例外クラスです。

EExternalExceptionEExternalException は,無効な例外コードによって生成される例外クラスです。
EFileNotFoundExceptionこの例外は、ファイルが見つからない場合に発生します。
EHeapExceptionEHeapException は,ヒープメモリの割り当てに関連するエラーの例外クラスです。
EInOutError

EInOutError はファイル入出力エラーの例外クラスです。

EIntErrorEIntError は,整数値演算エラー例外の基本クラスです。
EIntfCastErrorEIntfCastError はインターフェースのキャスト例外に対応する例外クラスです。
EIntOverflowEIntOverflow は,整数値演算の結果が大きすぎて割り当てたレジスタに収容しきれない場合に生成される例外クラスです。
EInvalidCastEInvalidCast は,型キャストエラーによって生成される例外クラスです。
EInvalidContainer無効なコンテナであることを示します。
EInvalidInsert無効な挿入であることを示します。
EInvalidOpEInvalidOp は、未定義または不正な CPU 命令に対する例外クラスです。
EInvalidOpExceptionこの例外は、オペランドが無効な場合に発生します。
EInvalidPointer EInvalidPointer は、不正なポインタ オペレーションに対する例外クラスです。
EListError
EMathErrorEMathError は,浮動小数点数値演算エラーによって生成される基本例外クラスです。
EMonitorEMonitor は、モニタに関連するすべての例外の基底例外クラスです。
EMonitorLockExceptionEMonitorLockException は、スレッドが、所有していないモニタのロックを解除しようとしたときに発生する例外です。
ENoConstructExceptionオブジェクトを作成してはならないことを示します。
ENoMonitorSupportExceptionENoMonitorSupportException はモニタ機能が利用できないときに発生する例外です。
ENotImplementedこの例外は、オペレーションが実装されていないことを示します。
ENotSupportedExceptionこの例外は、オペレーションが未実装のためサポートされていないことを示します。
EObjectDisposed
EOperationCancelled
EOSErrorEOSError は,オペレーティングシステムエラーのための例外クラスです。
EOutOfMemoryEOutOfMemory は,メモリ割り当てによって生成される例外クラスです。
EOverflowEOverflow は,浮動小数点レジスタのオーバーフローによって生成される例外クラスです。
EPackageErrorEPackageError はパッケージ関連のエラーの例外クラスです。
EPathNotFoundException
EPathTooLongException
EPrivilegeEPrivilege は,プロセッサが特権に違反した命令を実行したときに生成される例外クラスです。
EProgrammerNotFoundソフトウェアの障害を示す非標準的な方法です。
EPropReadOnlyEPropReadOnly は,OLE オートメーションを使ってプロパティに無効な書き込みを行ったときに生成される例外クラスです。
EPropWriteOnlyEPropWriteOnly は,OLE オートメーションを使ってプロパティの無効な読み出しを行ったときに生成される例外クラスです。
ERangeErrorERangeError は、整数の範囲違反を示します。
ESafecallExceptionESafecallException は,safecall 呼び出し規約による問題の例外です。
EStackOverflow(非推奨)

EStackOverflow はスタック オーバーフロー用の例外クラスです。

EUnderflowEUnderflow は,値が小さすぎて浮動小数点変数で表すことができないときに生成される例外クラスです。
EVariantErrorEVariantError は,Variant データ型に関するエラーが発生したときに生成される例外クラスです。
EWin32Error(非推奨)EWin32Error は,Windows エラーの例外クラスです。
ExceptClassExceptClass は、Exception クラスを宣言します。
ExceptionException は,実行時に生成されるすべての例外の基本クラスです。
EZeroDivideEZeroDivide は,浮動小数点値のゼロ除算エラーによって生成される例外クラスです。
ILanguageEnumerable言語の列挙可能なコレクションを表します。
ILanguageEnumerator言語のコレクションの列挙子です。
IReadWriteSyncIReadWriteSync は一般的なリーダー/ライターのロック同期のためのインターフェイスです。
TBigEndianUnicodeEncodingTBigEndianUnicodeEncoding はビッグエンディアン Unicode(UTF-16)エンコーディングをサポートするクラスです。
TBooleanHelperTBooleanHelper は、Boolean 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TByteBoolHelperTByteBoolHelper は、ByteBool 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TByteHelperTByteHelper は、Byte 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TCardinalHelperTCardinalHelper は、Cardinal 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TDoubleHelper単精度浮動小数点値の低レベル操作の実行をサポートします。
TEncodingSystem.SysUtils.TEncoding は、文字や文字列の特定のエンコードを定義します。
TExtendedHelper拡張精度(Extended 型)浮動小数点値に対する低レベル演算を実行できるようにします。
TGuidHelperTGUID のヘルパ型です。
TInt64HelperTInt64Helper は、Int64 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TIntegerHelperTNativeUIntHelper は、NativeUInt 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TLanguagesTLanguages は,利用可能なすべての Windows ロケールをリストします。
TLongBoolHelperTLongBoolHelper は、LongBool 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TMBCSEncodingTMBCSEncoding は、その他の MBCS(Multi-Byte Character Set)エンコーディング クラスの基底クラスです。
TMREWSyncTMREWSync は、TMultiReadExclusiveWriteSynchronizer の略称で、この型と同等の働きをします。
TMultiReadExclusiveWriteSynchronizerTMultiReadExclusiveWriteSynchronizer は,マルチスレッドアプリケーションでメモリを保護します。
TNativeIntHelperTNativeIntHelper は、NativeInt 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TNativeUIntHelper

TNativeUIntHelper は、NativeUInt 型の機能を提供するレコード ヘルパです。

TShortIntHelper

TShortIntHelper は、ShortInt 型の機能を提供するレコード ヘルパです。

TSimpleRWSyncTSimpleRWSync はリーダー/ライターのロック同期をサポートします。
TSingleHelper単精度浮動小数点値に対する低レベル演算を実行できるようにします。
TSmallIntHelperTSmallIntHelper は、SmallInt 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TStringBuilder編集可能な文字配列。その内容は、文字列オブジェクトのすべての機能を含みます。
TStringHelperインデックスが 1 から始まる文字列もインデックスが 0 から始まる文字列も含むすべての文字列扱うための関数やプロパティを提供するレコード ヘルパです。
TThreadLocalCounterDelphi RTL で内部的に使用するためのものです。
TUInt64HelperTUInt64Helper は、UInt64 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TUnicodeEncodingTUnicodeEncoding は Unicode(UTF-16)エンコーディングをサポートするクラスです。
TUTF7EncodingTUTF7Encoding は UTF-7 エンコーディングをサポートするクラスです。
TUTF8EncodingTUTF8Encoding は UTF-8 エンコーディングをサポートするクラスです。
TWordBoolHelperTWordBoolHelper は、WordBool 型の機能を提供するレコード ヘルパです。
TWordHelperTWordHelper は、Word 型の機能を提供するレコード ヘルパです。

ルーチン

Abortサイレント例外を生成します。
AddExitProc終了リストに手続きを追加します。
AddTerminateProcシステムの終了手続きリストに終了手続きを追加します。
AdjustLineBreaks

AdjustLineBreaks は、指定された文字列内のすべての改行を指定のスタイルに合わせて調整します。

AnsiCompareFileName現在のロケールに基づいてファイル名を比較します。
AnsiCompareStr現在のロケールに基づいて文字列を比較します。大文字と小文字は区別されます。
AnsiCompareText現在のロケールに基づいて文字列を比較します。大文字と小文字は区別されません。
AnsiDequotedStr引用符付きの文字列を引用符がない文字列に変換します。
AnsiExtractQuotedStr引用符付き文字列を引用符なし文字列に変換します。
AnsiLastChar文字列の最後の文字を指すポインタを返します。
AnsiLowerCase指定された文字列を小文字に変換して返します。
AnsiLowerCaseFileName(非推奨)ファイル名を小文字に変換します。
AnsiPos部分文字列の位置を特定します。
AnsiQuotedStr引用符付き文字列を返します。
AnsiSameStr現在のロケールに基づいて文字列を比較します。大文字と小文字は区別されます。
AnsiSameText現在のロケールに基づいて文字列を比較します。大文字と小文字は区別されません。
AnsiStrAlloc(非推奨)ヌルで終わる AnsiString 用のバッファを割り当て、その先頭文字へのポインタを返します。
AnsiStrCompヌルで終わる文字列を比較します。
AnsiStrIComp大文字と小文字を区別しないでヌルで終わる文字列を比較します。
AnsiStrLastCharヌルで終わる文字列の最後の文字を指すポインタを返します。
AnsiStrLComp大文字と小文字を区別して,2 つのヌルで終わる文字列の最初の MaxLen バイトを比較します。
AnsiStrLIComp大文字と小文字を区別しないで,2 つの文字列を MaxLen バイトまで比較します。
AnsiStrLowerヌルで終わる文字列のすべての文字を小文字に変換します。
AnsiStrPos最初の部分文字列を指すポインタを返します。
AnsiStrRScan指定した文字列における最後の指定した文字を指すポインタを返します。
AnsiStrScanStr における最初の Chr を指すポインタを返します。
AnsiStrUpperヌルで終わる文字列のすべての文字を大文字に変換します。
AnsiUpperCase文字列を大文字に変換します。
AnsiUpperCaseFileName(非推奨)ファイル名を大文字に変換します。
AppendStr(非推奨)動的に割り当てられた文字列を既存の文字列に追加します。
AssignStr(非推奨)新しく動的に割り当てられた文字列を指定されたポインタに割り当てます。
Beep

メッセージ用のビープ音を鳴らします。

BoolToStrBoolean(論理)値を文字列に変換します。
ByteLength与えられた文字列の長さをバイト数で返します。
BytesOf文字列をバイト配列に変換します。
ByteToCharIndex(非推奨)文字列内の指定されたバイトを含む文字の位置を返します。
ByteToCharLen(非推奨)文字列の最初の MaxLen バイトに含まれている文字数を返します。
ByteType文字列のバイトが 1 バイト文字,2 バイト文字の最初のバイト,2 バイト文字の 2 番めのバイトのいずれであるかを示します。
CallTerminateProcs終了手続きリストのすべての関数を呼び出します。
ChangeFileExtファイル名拡張子を変更します。
ChangeFilePathファイル名のパスを変更します。
CharInSetCharInSet は、指定された文字がセット内に含まれているかどうかをチェックします。
CharLength文字が使用しているバイト数を返します。
CharToByteIndex(非推奨)文字列内の指定された文字の最初のバイトを 1 から始まるインデックスで返します。
CharToByteLen(非推奨)文字列の最初の MaxLen の文字の長さをバイト数で返します。
CharToElementIndex文字列内の指定した文字の最初の要素のインデックス(インデックスの始まりを 1 とする)を返します。
CharToElementLen文字列の最初の MaxLen 個の文字の長さをバイト数で返します。
CheckOSErrorOS エラーを確認します。
CheckWin32Version実行環境が 32 ビット版 Windows オペレーティング システムの特定のレベル(またはそれ以上)であるかどうかを確かめます。
CompareMem2 つのメモリイメージをバイナリレベルで比較します。
CompareStr2 つの文字列を比較します(大文字小文字は区別します)。
CompareText2 つの文字列を大文字と小文字を区別せずに順序値で比較します。
CreateDir新規ディレクトリを作成します。
CreateGUID

グローバル一意識別子(GUID)を生成します。

CurrentYear現在の年を返します。
CurrToStrCurrToStr 関数は,通貨値を文字列に変換します。
CurrToStrF指定された形式を使用して,通貨値を文字列に変換します。
Date現在の日付を返します。
DateTimeToFileDateTDateTime 値を OS 固有のタイムスタンプ値に変換します。
DateTimeToStr日時を表示するために、ロカール設定を使用して、TDateTime 値を文字列に変換します。
DateTimeToString指定された Format を使用して、TDateTime 値を文字列に変換します。
DateTimeToSystemTimeTDateTime 値を Win32 API システムの時型に変換します。
DateTimeToTimeStampTDateTime を,対応する TTimeStamp 値に変換します。
DateToStrTDateTime 値を文字列に変換します。
DayOfWeek指定された日付の曜日を返します。
DecodeDateTDateTime オブジェクトに対応する Year,Month,および Day の各値を返します。
DecodeDateFullyTDateTime 値の Year,Month,Day,および Day-of-Week の各値を返します。
DecodeTimeTDateTime 値を,時,分,秒,ミリ秒に分解します。
DelegatesEqualDelegatesEqual は 2 つのデリゲートが等しいかどうかをチェックします。
DeleteFileファイルをディスクから削除します。
DirectoryExists指定したディレクトリが存在するかどうかを判断します。
DiskFree指定されたドライブの空き容量を返します。
DiskSize指定されたドライブのサイズをバイト数で返します。
DisposeStr(非推奨)NewStr によってすでに割り当てられた文字列ポインタを破棄します。
ElementToCharIndex文字列内の指定した要素を含む文字の位置を返します。
ElementToCharLen文字列の最初の MaxLen 個の要素に含まれる文字数を返します。
EncodeDate指定された Year,Month,および Day を表す TDateTime 値を返します。
EncodeTime指定された Hour,Min,Sec,および Msec に対する TDateTime 値を返します。
ExceptionErrorMessage標準エラーメッセージを形式化します。
ExcludeTrailingBackslash末尾の区切り記号を削除したパス名を返します。
ExcludeTrailingPathDelimiter末尾の区切り記号を削除したパス名を返します。
ExpandFileName相対ファイル名に対応する絶対パス名を返します。
ExpandFileNameCase大文字と小文字を区別するファイル システム上の相対ファイル名の完全パス名を返します。
ExpandUNCFileName適切な場合、UNC 形式のファイル名の完全パスを返します。
ExtractFileDirFileName のドライブ部分とディレクトリ部分を返します。
ExtractFileDriveファイル名のドライブ部分を返します。
ExtractFileExtファイル名の拡張子部分を返します。
ExtractFileNameファイル名の名前部分と拡張子部分を返します。
ExtractFilePathファイル名のドライブ部分とディレクトリ部分を返します。
ExtractRelativePath特定のベース ディレクトリに対する相対パス名を返します。
ExtractShortPathNameファイル名を 8.3 形式の短いパス名に変換します。
FileAgeファイルの OS タイムスタンプを返します。
FileClose指定されたファイルを閉じます。
FileCreate新しいファイルを作成します。
FileCreateSymLink

FileCreateSymLinkシンボリック リンクを作成します。

FileDateToDateTimeOS の日付時刻値を TDateTime 値に変換します。
FileExists指定したファイルが存在するかどうかを検査します。
FileGetAttrFileName の属性を返します。
FileGetDate指定したファイルの OS タイムスタンプを返します。
FileGetDateTimeInfoFileGetDateTimeInfo は、指定されたファイルのタイム スタンプを返します。
FileGetSymLinkTargetシンボリック リンクのターゲットに関する情報を返します。
FileIsReadOnlyファイルが読み取り専用かどうかを返します。
FileOpen指定されたアクセス モードを使用して、指定されたファイルを開きます。
FileReadファイルから指定されたバイト数を読み出します。
FileSearch指定のディレクトリ パス内でファイルを探します。 この検索は、常に現在のドライブの現在のディレクトリから始まります。
FileSeek読み書きのポイントを移動します。
FileSetAttr指定したファイルのファイル属性を設定します。
FileSetDate指定したファイルの OS タイム スタンプを設定します。
FileSetReadOnlyファイルのアクセス権限を、読み取り専用に設定します。
FileSystemAttributesファイル システムの属性を返します。
FileWriteバッファの内容をファイル内の現在位置に書き込みます。
FinalizePackage指定されたパッケージ(.bpl ファイル)を終了します。
FindCloseFindFirst によって割り当てられたメモリを解放します。
FindCmdLineSwitch

文字列がアプリケーションのコマンドライン引数として渡されたかどうかを判定します。

FindDelimiter指定された文字列での区切り文字のインデックスを返します。
FindFirst指定されたファイル名と一連の属性を持つ最初のファイルを、指定されたディレクトリ内で探します。
FindNextFindFirst を呼び出したときに指定した名前と属性に一致する次のエントリを返します。
FloatToCurr浮動小数点値を Currency 値に変換します。
FloatToDateTime浮動小数点値を、TDateTime 値に変換します。
FloatToDecimal浮動小数点値を 10 進表現に変換します。
FloatToStr浮動小数点値を文字列に変換します。
FloatToStrF浮動小数点値を、指定された書式(Format)、精度(Precision)、桁数(Digits)を使用して、文字列に変換します。
FloatToText浮動小数点値を、指定された書式(Format)、精度(Precision)、桁数(Digits)を使用して、終了文字のない文字列に変換します。
FloatToTextFmt浮動小数点値を、指定された書式を使用して、終了文字のない文字列に変換します。
FmtLoadStrリソース書式文字列を使って書式付きの出力を返します。
FmtStr書式文字列と引数の配列を使用して、書式設定された文字列を組み立てます。
ForceDirectories新しいディレクトリを作成します(必要に応じて親ディレクトリも作成します)。
Format書式文字列と引数の配列から、組み立てられた書式付き文字列を返します。
FormatBuf配列からの引数を書式設定して、その結果をバッファに入れます。
FormatCurrCurrency オブジェクトを整形します。
FormatDateTimeTDateTime オブジェクトを整形します。
FormatFloat浮動小数点値を整形します。
FreeAndNilオブジェクト参照を解放し、その参照を nil (Delphi) または NULL (C++) と置き換えます。
GDALDelphi のアクセス ライセンスを取得します。
GetCurrentDirカレントディレクトリの名前を返します。
GetDefaultFallbackLanguagesGetDefaultFallbackLanguages は、現在の DefaultFallbackLanguages の文字列を返します。
GetEnvironmentVariable

環境変数値を取得します。

GetFileVersionファイルのバージョンを返します。
GetFormatSettings日付および数値の形式パラメータを初期値にリセットします。
GetHomePathアプリケーションの書き込み可能なスクラッチ ディレクトリまたはストレージのホームのパスを返します。メモ: このメソッドは新規の開発には使用しないでください。特にマルチデバイス開発を行う場合には、プラットフォームに依存しにくい実装である System.IOUtils.TPath.GetHomePath を使用することをお勧めします。
GetLocaleCharローカライゼーション値の先頭文字を取得します。
GetLocaleDirectory優先 UI 言語の 1 つに対応するロケール ディレクトリの完全修飾名を返します。
GetLocaleFileロケール ファイルを指す完全修飾パスを返します。 このパスは、渡されたファイル名と優先 UI 言語のサブディレクトリから構成されます。
GetLocaleFormatSettings(非推奨)TFormatSettings レコードを初期化します(廃止予定。代わりに TFormatSettings.Create を使用してください)。
GetLocaleStrローカライゼーション値を取得します。
GetModuleName指定されたハンドルを持つモジュールの完全修飾名を返します。
GetPackageDescriptionパッケージから説明リソースを返します。
GetPackageInfoパッケージのすべてのユニットおよび要求されるパッケージを列挙します。
GetPackageTargets
GetProductVersionAFileName で指定されたファイルが初めて配布された製品のバージョン情報を取得します。
GetTime現在の時刻を返します。
GrowCollection
GUIDToStringクラス識別子 GUID を文字列に変換します。
HashNameHashName は、ヌルで終わる文字列からハッシュ コードを生成します。
IncAMonth日付データを月単位でインクリメントします。
IncludeTrailingBackslashパス名が必ず区切り記号で終わるようにします。 メモ: この関数は、後方互換性のためにのみ同梱されています。 代わりに、System.SysUtils.IncludeTrailingPathDelimiter を使用してください。
IncludeTrailingPathDelimiterパス名が必ず区切り記号で終わるようにします。
IncMonth指定された月数で変更された日付を返します。
InitializePackage指定されたパッケージを検証および初期化します。
IntToHex序数の 16 進数表現を返します。
IntToStr整数を文字列に変換します。
IsAssemblyDLL がアセンブリかどうかを判定します。
IsDelimiter文字列内の指定された文字が区切り文字のセットの 1 つと一致するかどうかを示します。
IsEqualGUID2 つの TGUID 値が同じであるかどうかを示します。
IsLeadChar与えられた文字が、有効な第 1 バイト文字(マルチバイト文字シーケンスにおける 1 番目の文字)かどうかをチェックします。
IsLeapYear指定された年がうるう年かどうかを示します。
IsPathDelimiter文字列内の指定位置にある文字がパス区切り記号かどうかを示します。
IsRelativePath指定されたパスが相対パスかどうかを示します。
IsValidIdent文字列が Delphi の識別子規則に適合しているかどうかを判定します。
Languagesサポートが利用できるロケールをリストにします。
LastDelimiter指定された区切り文字のセットのいずれかの文字と一致する、最後の文字のインデックスを返します。
LCIDToCodePage指定されたロケール識別子に関連付けられている ANSI コード ページを取得します。
LoadPackage指定されたパッケージをロードします。
LoadStrアプリケーションの実行ファイルから文字列リソースをロードします。
LocaleDirectoryExists指定したディレクトリが存在し、そこに優先 UI 言語のサブディレクトリが含まれているかどうかを示す論理値を返します。
LocaleFileExists指定されたファイルが優先 UI 言語のサブディレクトリと共に存在するかどうかを示す Boolean 値を返します。
LowerCaseASCII 文字列を小文字に変換します。
MSecsToTimeStamp指定したミリ秒単位の数値を TTimeStamp 値に変換します。
NewStr(非推奨)ヒープ上に文字列を割り当てます。
NextCharIndexNextCharIndex 関数は,次の文字のバイトインデックスを返します。
Now現在の日付/時刻を返します。
OutOfMemoryErrorEOutOfMemory の例外を生成します。
PlatformBytesOf文字列をバイト配列に変換します。
PlatformStringOfバイト配列を Unicode 文字列に変換します。
PreferredUILanguageListPreferredUILanguageList は、推奨される UI 言語を含むリストを返します。
PreferredUILanguagesPreferredUILanguages は、実行時にユーザーのデフォルト UI 言語として推奨される UI 言語を返します。
QuotedStr引用符付き文字列を返します。
RaiseLastOSError最後に発生した OS またはシステムライブラリエラーの例外を生成します。
RaiseLastWin32Error(非推奨)最後に発生した Win32 エラーの例外を生成します。
RCSDelphi のクライアント/サーバー ライセンスを確認します。
RemoveDir既存の空ディレクトリを削除します。
RenameFileファイル名を変更します。
ReplaceDateTDateTime 値の日付部分を指定した日付に置換します。
ReplaceTimeTDateTime 値の時刻部分を指定した時刻に置換します。
RPRDelphi のプロフェッショナル ライセンスを確認します。
SafeLoadLibraryライブラリの安全かつシンプルな読み込み関数です。
SameFileName現在のロケールに基づいてファイル名を比較します。
SameStr

2 つの文字列を大文字/小文字を区別して順序値で比較します。

SameText

2 つの文字列を大文字/小文字を区別せずに順序値で比較します。

SetCurrentDirカレントディレクトリを設定します。
SetDefaultFallbackLanguagesSetDefaultFallbackLanguages は、デフォルト フォールバック言語の新しいリストを設定します。
SetGrowCollectionFunc
ShowException例外メッセージを表示して例外の物理アドレスを示します。
Sleep指定したミリ秒数だけプログラム実行を遅延させます。
StrAllocヌルで終わる文字列にバッファを割り当て,先頭文字を指すポインタを返します。
StrBufSizeStrAlloc で割り当てた文字列バッファに格納できる最大文字数を返します。
StrByteType文字列のバイトが 1 バイト文字,2 バイト文字の最初のバイト,2 バイト文字の 2 番めのバイトのいずれであるかを示します。
StrCatSource のコピーを Dest の最後に追加し,結合された文字列を返します。
StrCharLength文字 の長さを、バイトで返します。
StrComp大文字と小文字を区別して 2 つの文字列を比較します。
StrCopyヌルで終わる文字列をコピーします。
StrDispose文字列を破棄します。
StrECopyヌルで終わる文字列をコピーします。
StrEndヌルで終わる文字列の末尾を指すポインタを返します。
StrFmt配列のエントリを整形します。
StrIComp区別せずに 2 つの文字列を比較します。
StringOfデフォルトのシステム ロケールを使用して、バイト配列を Unicode 文字列に変換します。
StringReplace文字列内に出現する部分文字列を置き換えます。
StringToGUID文字列を GUID に変換します。
StrLCat指定された文字数を文字列に追加します。
StrLComp指定された文字数分だけ 2 つの文字列を比較します。
StrLCopy文字群の指定された最大数まで、ソースから対象までコピーします。
StrLen文字列内のヌルターミネータを除いた文字数を返します。
StrLFmt指定されたオープンな配列にある一連の引数を、バッファ内に整形します。
StrLIComp指定された文字数分,大文字と小文字の区別なしに 2 つの文字列を比較します。
StrLower文字列を小文字に変換します。
StrMove指定された文字数を文字列にコピーします。
StrNewヒープの領域を割り当てて文字列をコピーし,その文字列を指すポインタを返します。
StrNextChar次の文字を指すポインタを返します。
StrPasヌルで終わる文字列を AnsiString に変換します。
StrPCopyAnsiString(長い文字列)を,ヌルで終わる文字列にコピーします。
StrPLCopyAnsiString(長い文字列)の文字を,ヌルで終わる文字列にコピーします。
StrPosStr1 内の最初の Str2 を指すポインタを返します。
StrRScan文字列内の最後の指定文字を指すポインタを返します。
StrScan文字列内の最初の指定文字を指すポインタを返します。
StrToBool文字列を Boolean(論理)値に変換します。
StrToBoolDefエラー デフォルトとあわせて、文字列を Boolean(論理)値に変換します。
StrToCurr文字列を Currency 値に変換します。
StrToCurrDef文字列を Currency 値に変換し、デフォルト エラーを合わせて返します。
StrToDate文字列を TDateTime 値に変換します。
StrToDateDef文字列を TDateTime 値に変換し、デフォルト エラーを合わせて返します。
StrToDateTime文字列を TDateTime 値に変換します。
StrToDateTimeDef文字列を TDateTime 値に変換し、デフォルト エラーを合わせて返します。
StrToFloat与えられた文字列を浮動小数点値に変換します。
StrToFloatDef指定された文字列を浮動小数点値に変換し、合わせてデフォルト エラーを返します。
StrToInt整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を数値に変換します。
StrToInt64整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を数値に変換します。
StrToInt64Def整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を数値に変換します。
StrToIntDef整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を、エラー コードの数値に変換します。
StrToTime文字列を TDateTime 値に変換します。
StrToTimeDef文字列を TDateTime 値に変換し、デフォルト エラーを合わせて返します。
StrToUInt
StrToUInt64整数を表す文字列(10 進または 16 進表記)を数値に変換します。
StrToUInt64Def整数を表す文字列(10 進または 16 進表記)を数値に変換します。
StrToUIntDef
StrUpper文字列を大文字に変換して返します。
Supports指定したオブジェクトまたはインターフェースが、指定したインターフェースをサポートするかどうかを示します。
SysErrorMessageOS のエラー コードを文字列に変換します。
SystemTimeToDateTimeシステム時刻値を TDateTime 値に変換します。
TextPos文字列内で最初に出現する部分文字列へのポインタを返します。TextPos では、大文字と小文字が区別されません。
TextToFloatnull 終了文字列を浮動小数点値に変換します。
Time現在の時刻を返します。
TimeStampToDateTimeTTimeStamp を対応する TDateTime 値に変換します。
TimeStampToMSecsTTimeStamp 値をミリ秒数の合計に変換します。
TimeToStrTDateTime 値を表す文字列を返します。
TrimTrim は、文字列の先頭および末尾にあるスペースと制御文字を除去します。
TrimLeft文字列から先頭部分の空白と制御文字を取り除きます。
TrimRight文字列から末尾部分の空白と制御文字を取り除きます。
TryEncodeDate指定された Year,Month,および Day を表す TDateTime 値を返します。
TryEncodeTime指定された Hour,Min,Sec,および MSec に対する TDateTime 値を返します。
TryFloatToCurr浮動小数点値を Currency 値に変換します。
TryFloatToDateTime浮動小数点値を TDateTime 値に変換します。
TryStrToBoolBoolean 成功コードとあわせて、文字列を Boolean(論理)値に変換します。
TryStrToCurr文字列を Currency 値に変換し、Boolean 成功コードを合わせて返します。
TryStrToDate文字列を TDateTime 値に変換し、Boolean 成功コードを合わせて返します。
TryStrToDateTime文字列を TDateTime 値に変換し、Boolean 成功コードを合わせて返します。
TryStrToFloat渡された文字列を、Boolean の成功コードと共に、浮動小数点値に変換します。
TryStrToInt整数(10 進数または 16 進数)を表す文字列を、Boolean 成功コードの数値に変換します。
TryStrToInt64整数を表す文字列(10 進または 16 進表記)を数値に変換します。
TryStrToTime文字列を TDateTime 値に変換し、デフォルト エラーを合わせて返します。
TryStrToUInt
TryStrToUInt64整数を表す文字列(10 進または 16 進表記)を数値に変換します。
TrySystemTimeToDateTime
UIntToStr符号なしの整数を文字列に変換します。
UnloadPackageパッケージをロード解除します。
UpperCase文字列を大文字に変換して返します。
WideBytesOfUnicode 文字列をバイトの配列に変換します。
WideCompareStr現在のロケールに基づき,大文字と小文字を区別して UNICODE 文字列を比較します。
WideCompareText現在のロケールに基づき,大文字と小文字を区別しないで UNICODE 文字列を比較します。
WideFmtStr書式文字列と引数の配列を使用して、書式設定された Unicode 文字列を組み立てます。
WideFormat書式文字列と引数の配列から書式設定された Unicode 文字列を組み立てて返します。
WideFormatBuf配列の引数を整形し、バッファ内にその結果を配置します。
WideLowerCase小文字に変換された UNICODE 文字列を返します。
WideSameStr現在のロケールに基づき,大文字と小文字を区別して UNICODE 文字列を比較します。
WideSameText現在のロケールに基づき,大文字と小文字を区別しないで UNICODE 文字列を比較します。
WideStrAllocヌルで終わるワイド文字列用のバッファを割り当てて、その先頭文字へのポインタを返します。
WideStringOfUnicode ロケールを使用して、バイト配列を Unicode 文字列に変換します。
WideUpperCase大文字に変換された UNICODE 文字列を返します。
Win32BuildNumber使用している Windows オペレーティング システムのビルド レベルを示します。
Win32CheckWindows API 呼び出しの戻り値を調べ,呼び出しが失敗した場合に適切な例外を生成します。
Win32CSDVersionインストールされている最新の Win32 のサービス パックを示します。
Win32MajorVersion使用している Windows オペレーティング システムのメジャー バージョンを示します。
Win32MinorVersion使用している Windows オペレーティング システムのマイナー バージョンを示します。
Win32PlatformWin32 プラットフォーム識別子を指定します。
WrapText

文字列の長さが指定のサイズに近づくたびに、文字列に改行を挿入します。

Int64RecInt64Rec は、Int64 値のバイト データにアクセスできるようにするユーティリティ レコードを宣言します。
LongRecLongRec は、LongWord 値のバイト データにアクセスできるようにするユーティリティ レコードを宣言します。
PByteArrayPByteArray は、バイトの配列へのポインタを宣言します。
PDayTablePDayTable は、TDayTable 型へのポインタです。
PExceptionRecordPExceptionRecord は、TExceptionRecord 型へのポインタです。
PThreadInfoTThreadInfo を指すポインタです。
PWordArrayPWordArray は、TWordArray 型へのポインタです。
System_Sysutils__65
System_Sysutils__75
System_Sysutils__85
TArchitectures

CPU アーキテクチャの集合を示します。

TByteArrayTByteArray は、Bytes の配列を宣言します。
TBytesTBytes は、バイトの配列を宣言します。
TCharArrayTCharArray は文字配列を宣言します。
TCharSearch文字検索の結果です。
TCmdLineSwitchTypeコマンド ラインでのコマンドライン パラメータの指定方法を定義します。
TCmdLineSwitchTypesTCmdLineSwitchType を構成する定数の集合です。
TCompareOption
TCompareOptions
TDateTimeInfoRecTDateTime ユーティリティ ツール ボックスです。
TDayTableTDayTable は、年の各月の日数を保持するために使用します。
TFileNameTFileName 型は,ファイル名を示す文字列です。
TFilenameCaseMatchTFilenameCaseMatch 型は,見つかったファイル名が指定されたファイル名とどれだけ一致するかを示します。
TFileSystemAttributeファイル システムに特有の属性を列挙します。
TFileSystemAttributes一連の TFileSystemAttribute 値を表します。
TFloatFormatTFloatFormat 型は,浮動小数点関数の形式コードの列挙型リストです。
TFloatRecTFloatRec は、浮動小数点数の属性にアクセスできるようにするユーティリティ レコードを宣言します。
TFloatValueTFloatValue は、2 つの基本的な浮動小数点型を列挙したものです。
TFormatSettingsTFormatSettings では、スレッドセーフな文字列書式設定コンテキストを定義しています。
TFuncTFunc はジェネリック関数の参照を宣言します。
TGrowCollectionFunc
TIntegerSetTIntegerSet は、整数を一連のビットとして扱うために使用します。
TLangRecTLangRec は、Windows ロケールの説明に使用されるレコードを宣言します。
TLocaleIDロケール識別子です。
TLocaleOptionsTLocaleOptions は、依存したロケール オプションと独立したロケール オプションの選択肢を定義します。
TMarshaller

TMarshaller は、メモリ バッファの操作を簡単にするレコードです。

TMbcsByteTypeTMbcsByteType は,マルチバイト文字セット(MBCS)文字列内の各バイトの使い方を表します。
TNameTypeTNameTypeTPackageInfoProc ルーチンに報告される名前のタイプを列挙します。
TOSVersion現在のオペレーティング システムについて、プラットフォームとバージョンを表します。
TPackageInfoProcTPackageInfoProc は、GetPackageInfo から呼び出されるコールバック プロシージャです。
TPlatforms

OS プラットフォームの集合を示します。

TPredicateTPredicate は論理の述語として動作するジェネリック関数の参照を宣言します。
TProcTProc はジェネリック プロシージャの参照を宣言します。
TProcedureTProcedure は、プロシージャを宣言します。
TReplaceFlagsTReplaceFlags は,検索および置換操作の実行方法を示します。
TSearchRecTSearchRec は,FindFirst または FindNext によって検索されるファイルの情報を定義します。
TStringSplitOptions
TSymLinkRecTSymLinkRec は、シンボリック リンク ファイルについての情報を保存するために使用されます。
TSysCharSetTSysCharSet は一連の文字です。
TSysLocaleTSysLocale はロケール情報を表します。
TTerminateProcTTerminateProc は、CallTerminateProcs から呼び出されるコールバック関数です。
TThreadInfo内部的に使用するためのものです。
TTimeStampTTimeStamp は,日付/時刻値を表します。
TUncertainStateTUncertainState 型の変数の取り得る値は、YesNoMaybe の 3 つです。
TUseBoolStrs
TValidatePackageProcTValidatePackageProc は、LoadPackage から呼び出されるコールバック関数です。
TWordArrayTWordArray は、ワードの配列を宣言します。
WordRecWordRec は、変数の上位バイトと下位バイトを格納するためのユーティリティ レコードを宣言します。

変数

EmptyAnsiStr空文字列定数
EmptyStr空文字列定数です。
EmptyWideStrWideString 定数の空文字列バージョンです。
FalseBoolStrs論理値 False を表すことができる文字列のリストです。
FormatSettingsデフォルトの書式設定です。
GetDiskFreeSpaceExディスク ボリュームで使用可能な領域に関する情報を返します。
GrowCollectionFunc
HexDisplayPrefixHexDisplayPrefix には,16 進値に表示されるプレフィクスが格納されます。Pascal(Delphi)構文では $,C++ 構文では 0x です。
LeadBytes2 バイト文字の先頭バイトの値をすべてリストします。
MaxCurrencyWindows オペレーティング システムにおいて、Currency データ型でサポートされる最小値(負数)を定義します。
MaxDateTimeTDateTime でサポートされる最大値を指定します。
MinCurrencyWindows オペレーティング システムの Currency データ変数に格納できる最大の負数値です。
MinDateTimeTDateTime でサポートされる最小値を指定します。
MonthDays平年とうるう年の各月の日数を定義します。
NullAnsiStr空の ANSI 文字列定数を指すポインタです。
NullStr空の文字列へのポインタ。
NullWideStr空のワイド文字列へのポインタ。
SysLocaleSysLocale には、ロケール情報が格納されています。
TrueBoolStrs論理値 True を表すことができる文字列のリストです。

定数

CDefaultTwoDigitYearCenturyWindowCDefaultTwoDigitYearCenturyWindow: Integer = $32;
DateDeltaDateDelta: Integer = $A955A;
DefaultFalseBoolStrDefaultFalseBoolStr: string = False;
DefaultTrueBoolStrDefaultTrueBoolStr: string = True;
DriveDelimDriveDelim: Char = $3A;
faAnyFilefaAnyFile: Integer = $1FF;
faArchivefaArchive: Integer = $20;
faCompressedfaCompressed: Integer = $800;
faDirectoryfaDirectory: Integer = $10;
faEncryptedfaEncrypted: Integer = $4000;
faHiddenfaHidden: Integer = 2;
faInvalidfaInvalid: Integer = $FFFFFFFF;
faNormalfaNormal: Integer = $80;
faReadOnlyfaReadOnly: Integer = 1;
faSymLinkfaSymLink: Integer = $400;
faSysFilefaSysFile: Integer = 4;
faTemporaryfaTemporary: Integer = $100;
faVirtualfaVirtual: Integer = $10000;
faVolumeIDfaVolumeID: Integer = 8;
fmExclusivefmExclusive: Integer = 4;
fmOpenReadfmOpenRead: Integer = 0;
fmOpenReadWritefmOpenReadWrite: Integer = 2;
fmOpenWritefmOpenWrite: Integer = 1;
fmShareCompatfmShareCompat: Integer = 0;
fmShareDenyNonefmShareDenyNone: Integer = $40;
fmShareDenyReadfmShareDenyRead: Integer = $30;
fmShareDenyWritefmShareDenyWrite: Integer = $20;
fmShareExclusivefmShareExclusive: Integer = $10;
HoursPerDayHoursPerDay: Integer = $18;
INVALID_HANDLE_VALUEINVALID_HANDLE_VALUE: Integer = $FFFFFFFF;
MinsPerDayMinsPerDay: Integer = $5A0;
MinsPerHourMinsPerHour: Integer = $3C;
MSecsPerDayMSecsPerDay: Integer = $5265C00;
MSecsPerSecMSecsPerSec: Integer = $3E8;
PathDelimPathDelim: Char = $5C;
PathSepPathSep: Char = $3B;
pfBCB4ProducedpfBCB4Produced: Integer = $8000000;
pfConsumerBCBpfConsumerBCB: Integer = $200000;
pfConsumerCompatpfConsumerCompat: Integer = 0;
pfConsumerDelphipfConsumerDelphi: Integer = $100000;
pfConsumerMaskpfConsumerMask: Integer = $F00000;
pfDelphi4ProducedpfDelphi4Produced: Integer = $C000000;
pfDesignOnlypfDesignOnly: Integer = 2;
pfExeModulepfExeModule: Integer = 0;
pfIgnoreDupUnitspfIgnoreDupUnits: Integer = 8;
pfLibraryModulepfLibraryModule: Integer = $80000000;
pfModuleTypeMaskpfModuleTypeMask: Integer = $C0000000;
pfNeverBuildpfNeverBuild: Integer = 1;
pfPackageModulepfPackageModule: Integer = $40000000;
pfProducerMaskpfProducerMask: Integer = $C000000;
pfProducerUndefinedpfProducerUndefined: Integer = $4000000;
pfRunOnlypfRunOnly: Integer = 4;
pfV3ProducedpfV3Produced: Integer = 0;
SecsPerDaySecsPerDay: Integer = $15180;
SecsPerHourSecsPerHour: Integer = $E10;
SecsPerMinSecsPerMin: Integer = $3C;
SwitchCharsSwitchChars: Set = ['-','/'];
ufImplicitUnitufImplicitUnit: Integer = $10;
ufMainUnitufMainUnit: Integer = 1;
ufOrgWeakUnitufOrgWeakUnit: Integer = 8;
ufPackageUnitufPackageUnit: Integer = 2;
ufWeakPackageUnitufWeakPackageUnit: Integer = 6;
ufWeakUnitufWeakUnit: Integer = 4;
UnixDateDeltaUnixDateDelta: Integer = $63E1;